CD

ESSENCE: THE BEST OF MASAMI TSUCHIYA

土屋昌巳

基本情報

カタログNo
:
MHCL1702
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
グレイテストヒッツ

内容詳細

エピックから発表した5枚の作品を中心に、レーベルを超えたソロ音源を収録した土屋昌巳初のベスト・アルバム。ビートの解体/再構築をはじめ多様な実験がされた楽曲からポップなものまで振れ幅は広いのだが、通して聴くと通底する美意識が明確に浮かび上がってくる。(祐)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
土屋さんのソロはどれも素晴らしいアルバム...

投稿日:2015/11/02 (月)

土屋さんのソロはどれも素晴らしいアルバムなので、ベスト盤ではなく、オリジナル盤のリマスター再発を期待してます。 当時のCDを聴いてますが、本人監修で再発希望。

melodyman さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
「土屋」盤では、ミック・カーンが変名で参...

投稿日:2010/02/28 (日)

「土屋」盤では、ミック・カーンが変名で参加したJAPANのカバーN「Visions of china」を収録してくれたのが嬉しい。初出のJAPANトリビュート(廃盤)は全く的外れなメンバーで、この曲しか聞き物がなかった。オリジナルのメロデイをFAKEしているが判る人にはわかる音が後ろでしっかり鳴っている。ブックレットのインタビューで土屋が語っているようにA「Secret Party」はJAPAN最後のツアーで演奏されなかったのが惜しまれる。キャッチーという意味ならシングル曲C「東京バレエ」D「さよならフォリナー」よりもE「Stay in Heaven」F「Don’t Stop Loving」に軍配を上げたい。この2曲を収めた名盤『Life in Mirrors』を何故ボーナス付きで再発しないのか? 当時の理想はブライアン・フェリーだったそうで「Bete Noire」まんまの曲もある。身近な対象に影響を受けた音になるのは御愛嬌。この人自己顕示欲が薄いんだろうが、不思議になんとも言えぬ魅力がある。 松武秀樹やステイーブ・ナイと音飾にこだわっていた時期の尖ったサウンドが今でも古びておらず最高だが、デイスク後半の曲も悪くない。 ともあれ「一風堂」盤「土屋」盤2枚とも初回プレスを買って、もれなくもらえる特典冊子を入手せよ。

WEATHER BOX さん | 東京都 | 不明

5

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド