IMF改革と通貨危機の理論 アジア通貨危機の宿題 開発経済学の挑戦

国宗浩三

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784326546046
ISBN 10 : 4326546042
フォーマット
出版社
発行年月
2013年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
292p;22

内容詳細

IMFの組織改編・改革へ向けた動きのきっかけとなったアジア通貨危機。危機が投げかけた問いから危機の理論とIMF改革を考える。

【著者紹介】
国宗浩三 : 1963年生まれ。1993年、京都大学経済学研究科博士後期課程単位取得満期退学。同年、アジア経済研究所研究員。2003〜2004年、国際通貨基金(IMF)客員研究員。2004〜2005年、ジョージ・ワシントン大学シグール・センター客員研究員。2008年、京都大学博士(経済学)。2012年、近畿大学経済学部教授。専門分野:開発経済学、マクロ経済学、国際金融論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品