舞妓はレディ 幻冬舎文庫

周防正行

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344422216
ISBN 10 : 434442221X
フォーマット
出版社
発行年月
2014年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
204p;16

内容詳細

「舞妓になりたい!」。京都の花街に、鹿児島弁と津軽弁のバイリンガル少女・春子がやってきた。風変わりな大学教授の計らいで舞妓見習いになった彼女だが、京ことばに四苦八苦、舞踊や鼓や三味線の稽古では失敗ばかり。それでも春子は前を向く。京の花街に生きる本物のレディになる日を夢見て―。豪華絢爛に描く舞妓エンターテインメント小説!

【著者紹介】
周防正行 : 1956年生まれ。89年「ファンシイダンス」で一般映画監督デビュー。96年公開の「Shall we ダンス?」では日本アカデミー賞を総なめ、世界二九カ国でも上映、絶賛され、2004年にはアメリカでもリメイクされた

白石まみ : 早稲田大学卒業。雑誌編集者を経て、脚本家に転身。テレビドラマなど、数多くの映像作品を手掛ける。2011年に『欲ばりたい女たち』で小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • のんき さん

    なかなか楽しめました。映画も観たいなぁ。鹿児島弁に津軽弁にそして京ことば。方言ってふるさとを感じられますよね?遠く離れていればなおのこと。わたしも、、関西弁、、懐かしい。

  • はな さん

    図書館本。津軽と鹿児島と言う方言がかなりきついのをあえて映画でチョイスされている。映画で見るとテンポもよい感じだと思うけれど、文章だと方言を訳してあるのでテンポが悪いと感じてしまう。ストーリーとしてはよくあるものだけど、楽しかったです。

  • Iku さん

    映画を観たくて、その前に予習がてら読みました。舞妓デビューまでの一年間が綴られていて興味深かったです。鹿児島弁と津軽弁は、何を言ってるのかよくわからなかったなぁ。生の京都弁を聞きたくなりました。

  • きょーこ さん

    京ことばが懐かしく、舞奴さんが好きだったので、手に取りました。映画から本が出来たんですね。イントネーションや着物や仕草、映画で聞きたい見たいと思いました。サックリ読めました(^-^)

  • nyanlay さん

    映画を小説化した一冊。青森と鹿児島の方言のバイリンガル?の10代の女の子が舞妓さんになるために修行しつつ、京ことばを取得するというお話し。朝から晩まで仕込みやら何やらで自分の時間がないのに、ただ一つの夢のために頑張っている姿は、読んでいて気持ちの良いものですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

周防正行

1956年東京都生まれ。映画監督。立教大学文学部仏文科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品