総合ランキング: 64位 / コミックランキング 14位

鬼滅の刃 16 ジャンプコミックス

吾峠呼世晴

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088818672
ISBN 10 : 4088818679
フォーマット
出版社
発売日
2019年07月04日
日本
シリーズ
:
追加情報
:
192p;18

内容詳細

柱稽古で岩柱・悲鳴嶼の元へ赴いた炭治郎。滝に打たれ、丸太を担ぎ、岩を動かすという厳しい修業を経て、炭治郎は悲鳴嶼に認めてもらうことができるのか!? その裏で、無残は禰豆子と産屋敷の居場所を突き止めようとし――!?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 眠る山猫屋 さん

    修行の終わりから。傲慢な伊之助が鬼殺隊最強と認める悲鳴嶼さんに(能力だけでなく人格を)認められた炭治郎。悲鳴嶼さんの過去が哀切すぎて辛いが、炭治郎との出逢いで、少し救われたのかも。風柱と水柱の関係性が可笑しい、是非おはぎを差し入れて欲しいよ、義勇さん。そして、とうとう最終決戦に突き進むが、無惨がキラークイーンのスタンドを発動するかと・・・(誉めてます)。ただし狂気の度合いは産屋敷の方が上手でしたが。終盤、しのぶと童磨の邂逅は、ギリギリの鍔競り合い。突きでは鬼は倒せないのか。分断された鬼殺隊の死闘が続く。

  • オスカー さん

    ジャンプで読んでいるから先の展開はわかっているのだけれど、だいぶ忘れているのでまとめて話を理解するために買っている。ああ、そうだった、こんな場面があったよね、とせつない。 追記:このところ毎晩読み返してはウルウルしている。「男はタフでなければ生きていけない。男は優しくなければ生きる資格がない。」……戦士の休息はいつどんな形でやって来るのだろう。(8/7)

  • 歩月るな さん

    ついに始まってしまった、オールスター最終決戦。かなり物理的に最終決戦。具体的に言うと捕捉されている鬼殺隊員まるごと呑み込まれてる。そしてそれぞれが因縁の対決。ということになるのだろうか。そして緒戦でしのぶさんピンチ。激おこ。見ていて辛い。鎖骨やられちゃってるのに無理しないで。つらい。

  • ame. さん

    お館様…なんて気持ちが強くて子供たち想いなんだろう。あぁ、でも残念すぎてショック。この巻では色んなことが動いて進んで目紛しい展開。苦手だった悲鳴嶼さんの過去を知り好きになり幻弥の意外にも懐っこい性格に和んだ。沙代の話も切ないけどこれがあるのとないのとでは全然違うので読めて本当によかった。義勇のどういう気持ちかわからない顔がかわいい。すごい人なのにてちてち歩いてるよ。鬼の童磨の言葉と態度が気持ちを逆撫でしてくる。どんな犠牲を払ってもなんて言えないけどしのぶには負けないでほしいなぁ。

  • らすかる さん

    あいだを端折って登録!だって1巻からほぼ一気読みだったんだもの。クライマックスなのかくらいの勢いで物語は進んでるのがファンとしては辛い💦 柱VS十二鬼月、目が離せません💦 17巻出るまで長いな〜、、、

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

吾峠呼世晴に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド