総合ランキング: 67位 / コミックランキング 18位

鬼滅の刃 14 ジャンプコミックス

吾峠呼世晴

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088816951
ISBN 10 : 4088816951
フォーマット
出版社
発売日
2019年01月04日
日本
シリーズ
:
追加情報
:
192p;18

内容詳細

感情ごとに分裂していた鬼・半天狗の本体以外が合体し、炭治郎を襲う! 半天狗から「弱き者」をいたぶると言われ、苦戦中の炭治郎は憤慨し!? 一方、霞柱の時透は過去の記憶を取り戻し、玉壺と対峙する。すると時透に変化が?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 五右衛門 さん

    読了。息子からの借本。今回もやられやられながら相手をやっつける定番でした。柱(女性)が助けに来てくれましたが頼もしい限りで、でもこの先このパターンで行くとやられちゃいそうで・・・なんでもかんでも殺しすぎ!もちょっと色んな場面に登場させようよ〜次巻も読みますけど。お願いしますよ。

  • 海猫 さん

    前巻を受けて、さらに続く死闘。ちょっと押され気味ではあるが、次巻以降より強力な反撃ができることに期待。

  • 眠る山猫屋 さん

    無一郎の過去と覚醒。やっぱり家族の絆が芯にある物語だ。冷たかった兄の最期の言葉、無駄≠ナはなく無限≠フ無=B炭治郎が仲間たちを覚醒させていく。甘露寺蜜璃の少し滑稽で切ない過去も、炭治郎、玄弥、禰豆子の三人が吹き飛ばす。死闘の最中なのに暖かい(笑)玄弥の能力も特殊な体質だったのね、前巻に引き続き悪者顔扱いゴメンなさい。

  • よっち さん

    時透と甘露寺の過去エピを交えながらの玉壺・半天狗戦。いいところに現れた甘露寺の掘り下げは良かったですけど、柱もまた成長していることを感じつつ、それぞれに浮かぶ痣が何なのかは気になるところ。

  • ame.@出没少なめ|ω・`) さん

    無一郎の無は無限の無!有一郎の兄としての責任感には涙。言葉がきつくて冷たくて嫌われてると思ってた兄を本当は記憶がなくなるくらい大好きだったのが伝わってくる。玉壺は色んなものを壺から出してくるなぁと思ったら自分も…!玉壺と無一郎の言葉の応酬が面白くて結構好き。実は無一郎、性格も有一郎に似てるんじゃ…笑。はがねづかさんのイケメン過ぎる姿と集中力にはびっくりだけどすてき。甘露寺ちゃん色んな意味で苦労してきてたんだなぁ。伊黒ってもしかして優しい??笑。鬼が強すぎて毎回勝てるのか不安になる。自分の行いの責任は取れ!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

吾峠呼世晴に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品