総特集 吾妻ひでお 美少女・SF・不条理ギャグ、そして失踪

吾妻ひでお

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309977492
ISBN 10 : 4309977499
フォーマット
出版社
発行年月
2011年04月
日本
追加情報
:
21cm,235p

内容詳細

現代日本的美意識「かわいいエロ」の創造者、漫画家・吾妻ひでおを大特集。諸星大二郎、萩尾望都、高橋留美子ほか、貴重なマンガ9本を一挙掲載。カリスマ的人気を誇るその魅力を徹底解剖!

●巻頭カラーマンガ 「SF玉手箱」
●吾妻ひでお 2万5千字 ロングインタビュー
〜現代日本的美意識「かわいいエロ」の創造者〜

●吾妻ひでお+萩尾望都 描きおろし合作マンガ
「愛のネリマ・サルマタケ・ゾーン」

●漫画家からの特別寄稿

諸星大二郎
すがやみつる
高橋留美子
ゆうきまさみ
まつもと泉
とり・みき
竹本 泉
赤井孝美

●スペシャル対談

1.吾妻ひでお×吉田秋生 「深夜の美女・SF対談」
2.吾妻ひでお×山本直樹 「リスペクト対談」

●未発表・単行本未収録含む 貴重なマンガ

「池猫」
「陽はまた昇る」
「チーねずみ」
「おおおおお」
「どくたい」
「変容 transfiguration」
「乞食」
「虚空のモナー」

●デビュー前に描いた未発表の初期作品「すぷりんぐ」
〜吾妻ひでおの解説付き!〜

●アイデアノート&ラフスケッチ 大公開!

●作家・アーティストからの特別寄稿

坂本龍一
菊地成孔
いしかわじゅん
手塚 眞
大塚英志
新井素子

●身内が語る 吾妻ひでおの素顔

妻・アシスタントA
娘・アシスタントB

●徹底研究
吾妻ひでおはいかにして「おたく文化の祖」になったか

●カラーイラストギャラリー

●吾妻ひでお 50作品 徹底解説 (1970〜2009年)
●吾妻ひでお 全430作品リスト

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ホークス さん

    2011年刊のムック。吾妻ひでお楽しいなぁ。裏表紙がヌードで(エロくはない)、自宅じゃ読みにくいのが難点。「かわいいエロ」の話がインタビューで読めて嬉しい。吾妻マンガの根幹の一つだ。もう一つはSFテイスト。吾妻ファンの漫画家諸氏による寄稿漫画が良い。とり・みき氏は吾妻作品そっくりのを描いてたと告白してる。山本直樹氏との対談は、二人とも年取って落ち着いてる様で、意外とギリギリな感じが良かった。吾妻氏は少年誌でもシュールでエロな作品を描いていた。食堂の古雑誌に不条理な奴が載っていたりもした。いつまでもお元気で

  • おーしつ さん

    再録も多いようですが、私は初めて読むものが多かったのでそこは問題なし。スタンスのブレの無さ。

  • 斑入り山吹 さん

    夫があじまファンで本はうちにだいたいある。わたしもSFを読んでいたので『銀河放浪』など大好き。というわけで、夫が買ってきたこのムック本を読んだ。あじまがどのようにすごいのかどのように特異なのか功績は?そういうことを考えるのはしんどいし、他の人がいっぱいやっているので敢えて思考は進めない。『陽はまた昇る』がとっても面白かった。あじまさん、心身を壊さず長生きしてください。でも、やっぱギャグとSFは読みたいです。

  • てら さん

    かつてロリコンの創始者と言われた怪漫画家がいた…で終わらないのが吾妻ひでおの凄味なのです。二度の失踪とアル中での入院から見事(?)帰ってきて誰もなしえない漫画賞三冠王になってしまう。賛辞を寄せ、ゴッドファーザーと慕う超大物たちの顔ぶれを見よ。手塚治虫と山田風太郎と筒井康隆がいなければ「オタク」界というものも生まれず、吾妻ひでおがいなければそれが育つこともなかったでしょう。いいか悪いかはともかくw

  • 吉祥寺拓也 さん

    あんな夫で父なのに、アシスタントABたちのコメントには毎度毎度感動する。夫婦愛、親子愛とは何かを訴える本ではないですけれども。太宰治の妻子以上なのは間違いない。特に奥さんの描写はいつもかわいい(この本にはないですが)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

吾妻ひでお

漫画家。1950年、北海道生まれ。70年代、『ふたりと5人』『やけくそ天使』などで人気作家に。その後、不条理漫画や自費出版の同人誌「シベール」でおたくの教祖的存在になるも、80年代末から失踪やアルコール依存症を繰り返す。その体験記『失踪日記』で、日本漫画家協会大賞、文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品