エリザベス女王 史上最長・最強のイギリス君主 中公新書

君塚直隆

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784121025784
ISBN 10 : 4121025784
フォーマット
出版社
発行年月
2020年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
288p;18

内容詳細

1952年に25歳で英国の王位に即いたエリザベス女王。カナダ、オーストラリアなど16ヵ国の元首でもある。W・チャーチルら十数人の首相が仕え「政治的な経験を長く保てる唯一の政治家」と評される彼女は、決して“お飾り”ではない。70年近い在位の中で政治に関与し、また数多くの事件に遭遇。20世紀末、その振る舞いは強い批判も受けた。本書はイギリス現代史をたどりながら、幾多の試練を乗り越えた女王の人生を描く。

目次 : 第1章 リリベットの世界大戦―王位継承への道(第一次世界大戦後のイギリス/ 大衆民主政治のなかで ほか)/ 第2章 老大国の若き女王―25歳での即位(ケニアで聞いた訃報/ エリザベス2世の即位 ほか)/ 第3章 コモンウェルスの女王陛下―一九七〇〜八〇年代(CHOGMの形成/ EC加盟交渉とヒースとの確執 ほか)/ 第4章 王室の危機を乗り越えて―ダイアナの死と在位50周年(女王の身の危険―マイケル・フェーガン事件/ 「ひどい年」と王室の試練 ほか)/ 第5章 連合王国の象徴として―21世紀の新しい王室(王室改革への道―活動記録の公開へ/ 王室の歳費―国民最大の「誤解」 ほか)

【著者紹介】
君塚直隆 : 1967年(昭和42)東京都生まれ。立教大学文学部史学科卒業。英国オックスフォード大学セント・アントニーズ・コレッジ留学。上智大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程修了。博士(史学)。東京大学客員助教授、神奈川県立外語短期大学教授などを経て、現在、関東学院大学国際文化学部教授。専攻はイギリス政治外交史、ヨーロッパ国際政治史。著書に『立憲君主制の現在』(新潮選書、2018年、第40回サントリー学芸賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • さとうしん さん

    序盤の「王冠を賭けた恋」と終盤のハリー王子の結婚、夫の叔父の暗殺指令者かもしれないマーティン・マクギネスとの握手など、長い在位期間を誇るだけあって、対比的に時の流れによる変化を感じさせるエピソードが多い。変化といえば、もてあましていたダイアナのやり方に倣って慈善活動のアピールを重視するなど、王室のあり方を変えていくという話も印象的である。「おわりに」で紹介されている、ヨーロッパの君主制を滅ぼしてきた者は誰かという夫のエディンバラ公の言葉が、時代に合わせて変えていくことの重要性を示している。

  • marty@もぶおん学 さん

    英国史上、最長在位・最年長記録を更新中のエリザベス女王。彼女が即位した当時、「大英帝国」はすでに過去のものだったが、かつて帝国を構成していた国々から成る「コモンウェルス」という形に姿を変えて残った。植民地化への謝罪は避けつつも、構成国に対してはあくまで中立公正に振る舞うことで、女王はコモンウェルスの存続に腐心する。また、コモンウェルスを巡り、強いこだわりを見せる女王と、大陸ヨーロッパや米国などとの関係を優先するヒースやサッチャーとの間に温度差があるなど、女王と歴代首相との関係性についての記述も興味深い。

  • さくちゃん さん

    中公新書で存命している評伝を読んだのは『中曽根康弘』(発刊当時)、『ビル・クリントン』、そしてこの『エリザベス女王』である。90歳過ぎてなお、現在であり、チャーチルからジョンソンまでの68年の大英帝国の歴史を女王として見てきた女王陛下は、常に国家国民を考え、強く、優しく、美しい。筆者は「二〇世紀後半の世界に登場したコモンウェルスという類い稀なる共同体は、女王とともにあるだけでなく、女王の人生そのものなのかもしれない」と評す。大英帝国の危機も女王陛下と国民の絆が深ければ乗り越えられると信じてやまない。

  • ユウヤ さん

    冒頭は『英国王のスピーチ』の知識で、途中からはリアルタイムで自身が経験したことをベースに読み進めた。クイーンの家族模様などワイドショー並みの関心で読める箇所もあればコモンウェルスの安定に奮闘する姿に目を見張る面もあった。とにかく闘い続けたクイーンの人生には大いなる敬意を払わずにはいられない。さらなる長寿を願う。また、読了して最も評価が上がったのがチャールズ皇太子。これほど数多くの慈善事業を 立ち上げていたとは知らなかった。誤解が多かったんだ。次世代もイギリスはEU離脱をものともせず発展していく期待大。

  • 秋津 さん

    「時代に乗り遅れたら、君主制は必ず亡びる」状況下で、時に率先し時に抑制的に立憲君主として振る舞い続ける女王の評伝。イギリスの地位低下、王室スキャンダルといった逆風の中、情報発信、王室歳費、王位継承などの改革を行い、現在進行形で「国民とともに」ある女王の姿を通じて「継続性と安定性」を国民にもたらし「ソフトの外交」を担う君主制について、近現代イギリスの国制や国際関係等と共に学ぶことができた。特に1975年の訪日、ジョージ5世―昭和天皇(裕仁皇太子)―エリザベス2世間での「立憲君主制の極意」教授が興味深かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品