君の名前で僕を呼んで プロフィール

君の名前で僕を呼んで | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

君の名前で僕を呼んで』(きみのなまえでぼくをよんで、Call Me By Your Name)は2017年のイタリア・フランス・ブラジル・アメリカ合衆国合作の青春映画。監督はルカ・グァダニーノ、主演はティモシー・シャラメとアーミー・ハマーが務めた。2017年1月にサンダンス映画祭で初上映された。本作はアンドレ・アシマンが2007年に上梓した小説『Call Me by Your Name』を原作としている。しかし映画は、原作の物語の途中までしか描かれていない。グァダニーノは、この作品を『恋人までの距離』のような構成で続編を作ることを考えており、幾つかの重要なシーンは、DVDに入れず続編に使うと明言している。原作は、1987年の設定だが、エイズが社会問題になる前を描くため、設定を1983年に変更した。続編では、エイズ問題について触れると述べている。

概要

1983年、17歳のエリオ・パールマン(ティモシー・シャラメ)は、今年も両親と共に北イタリアの別荘で一夏を過ごしている。エリオは、アメリカの名門大学で教鞭をとるギリシャ・ローマ考古学の教授と、何ヶ国語も流暢に話す母親の一人息子だ。アカデミックな環境に育ったエリオは、他の同年代の子供に比べて、文学や古典に親しみ、翻訳(英語、イタリア語、フランス語を流暢に話す)や、音楽の編曲を趣味にする(ピアノとギターを弾く)など、成熟した知性豊かな子供に成長した。

毎年パールマン教授は、博士課程の学生を1人、アシスタントとして別荘に招待する。今年やってきたのは、課程論文を執筆中のオリヴァーだった。エリオは、自信と知性に満ちたオリヴァーを、はじめは嫌厭するものの、徐々に彼に対し抑えることのできない感情に駆られていく。『君の名前で僕を呼んで』は、そんな2人に与えられた6週間の、情感と情熱溢れる恋模様を描き出す。

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%