文藝別冊 向田邦子 増補新版 脚本家と作家の間で

向田邦子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309980317
ISBN 10 : 4309980317
フォーマット
出版社
発行年月
2021年07月
日本
追加情報
:
239p;21

内容詳細

没後40年、変わらぬ人気の向田邦子の魅力に迫る総特集。、単行本未収録の発掘エッセイや、パリから届いた原稿を増補した決定版。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ツキノ さん

    2013年の初版を持っているのだけれど、大事にしまい込んでいた。2021年7月発行の増補新版、本選びの会で回ってきたのを機に時間をかけて読む。強く印象に残ったのは田辺聖子、黒柳徹子が書いた訃報を受けたときのこと。木皿泉の分析になるほど、と思ったのは「日常の向こうに何を見ていたか、向田さんはおそらくセックスを見ていたのではないか」というところ。ドラマの脚本や小説のなにげない動作や会話、感情表現が「生々しい」と感じたのは「これか!」と腑に落ちた。向田さんは生涯をかけて読み続けたい作家だ。

  • Hiroyuki Fujisawa さん

    没後40年も経っているとは思ってなかった。今読んでも古びていない。未読作品もあるので、手にとってみよう。

  • sarasa さん

    もっと沢山の作品を読みたかったです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

向田邦子

1929年東京生まれ。実践女子専門学校国語科卒業。映画雑誌編集記者を経て放送作家となりラジオ・テレビで活躍。代表作に「七人の孫」「だいこんの花」「寺内貫太郎一家」「阿修羅のごとく」「隣りの女」など。1980年初めての短篇小説「花の名前」「かわうそ」「犬小屋」で第83回直木賞を受賞し作家生活に入る。1

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品