UNITYゲーム プログラミング・バイブル

吉谷幹人

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784862464132
ISBN 10 : 4862464130
フォーマット
出版社
発行年月
2018年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
648p;24

内容詳細

ゲームの開発現場で即実践でぎるスキルが身につく。エキスパートへの扉を開く最新トピック25。

目次 : 3D RUNゲーム/ 3D RUN&射撃ゲーム/ メガネっ娘の街散歩/ 昼と夜が流れるオープンワールド/ 3D迷路/ 3Dモグラ叩き/ シェーダー言語/ NavMesh Can Kickers/ 2Dボーンアニメーション/ Tilemapダンジョン〔ほか〕

【著者紹介】
吉谷幹人 : フィーチャーフォンのiアプリ時代からモバイルゲーム開発を開始。大学院在学中にはiOSネイティブアプリの楽曲推薦の研究成果にて、情報処理学会山下記念研究賞を受賞。2011年からUnityを利用しはじめ、現在はタノシム株式会社にて、サーバー、クライアントサイドを含めた複数タイトルのリードエンジニアを担当する

布留川英一 : 1975年生まれ。群馬県出身。会津大学コンピュータ理工学部コンピュータソフトウェア学科卒。2000年より株式会社ドワンゴにて、携帯アプリの研究開発に携わる。2005年より株式会社UEIにて、スマートフォン、二足歩行ロボット向けのアプリを開発。2013年、ハイパーテキストタブレット端末「enchantMOON」の開発に参加。近年は、人工知能、VR、ARの研究開発に従事。プログラミング関連を中心に著書多数

一條貴彰 : ゲーム作家。個人のゲーム開発と並行して、株式会社ヘッドハイの代表としてゲーム開発ツールのエヴァンジェリスト事業を展開。日本の小規模ゲーム開発者が活動しやすい世の中を作るため、ライター業やゲーム機リリースのサポートも務める

西森丈俊 : 株式会社ナムコ(当時)から株式会社ドリームファクトリーを経て、現在フリーランスで活動中。コンシューマーゲーム機、携帯電話、スマートフォンなどのプラットフォームのアプリケーション開発に携わる。2012年、筑波大学大学院企業科学専攻修了

藤岡裕吾 : ゲームプログラマー兼Unityエンジニア。プロジェクトの基礎設計と最適化、UIアニメーションが得意。ゲーム会社でコンシューマ、アーケード、iOSネイティブと渡り歩き、Unityと出会いフリーランスとして独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • JNTEST23 さん

    Assetのサンプルシーンとか見ながらやみくもにUnity触ってる中で、本書が事例をもとにした作り方のお手本集として道しるべとなった。25の事例から自分のやりたいことに近いものをピックアップして見ればOK。Unity2017を中心に目的に分けて整理されているので、知りたいことを探しやすいく質が高い。自分が見たところは3D 01-03 キャラクター操作周り、その他24 最適化。VRの事例は16VRレーシングだけだが、3Dジャンルがだいたい役に立つ。困った時に見たくなる、まさにバイブル。

  • bibinba さん

    広く知れる

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

建築・理工 に関連する商品情報

おすすめの商品