大学はもう死んでいる? トップユニバーシティーからの問題提起 集英社新書

吉見俊哉

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087211061
ISBN 10 : 4087211061
フォーマット
出版社
発行年月
2020年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
288p;18

内容詳細

なぜ大学改革は失敗し続けるのか――?
オックスフォード大学の苅谷剛彦と東大の吉見俊哉が徹底討論!

大学入試改革が混乱を極めているが、大学の真の問題はそこにあるのではない。
日本の大学が抜け出せずにいる問題の本質に迫る刺激的な対論!

【目次】(見出しは抜粋)
第一章 問題としての大学
東大が「蹴られる」時代/キャッチアップ型人材育成の限界/新自由主義と自己責任/問題発見型の学生はどうすれば育つか/世界の大学人が最重要視していること

第二章 集まりの場としての教室 
学部生のレベルはハーバードも東大も同じ/日本の学生が「世界一勉強しない」理由/オックスフォードの贅沢な仕組み/チームティーチングへの移行が鍵/教室の外にあった学びの場/世界中の大学で同時発生している問題

第三章 社会組織としての大学
疲弊する若手教員たち/大学が生き残る二つの道/大学の中にある「村の寄り合い」/前例主義は覆せるのか

第四章 文理融合から文理複眼へ
文系学部廃止論とはなんだったのか/文系こそが「役に立つ」/文系を軽視する日本社会の陥穽/微分的思考の理系と積分的思考の文系/AIは人間にとって代われない

第五章 グローバル人材―グローバリゼーションと知識労働
本気が感じられない「スーパーグローバル大学」/グローバル人材で必要とされる本当の能力/東大独自のグローバルリーダー育成プログラム/補助金の計画主義から実績主義への転換

第六章 都市空間としての大学―キャンパスとネット
学生生活の始まりと終わりを儀式化する/大学とメディアのねじれた関係/日本の知が世界レベルだった半世紀/日本の知を誰が背負うのか

【著者プロフィール】
苅谷剛彦(かりやたけひこ)
●1955年東京都生まれ。オックスフォード大学教授。専門は社会学、現代日本社会論。著書に、『追いついた近代 消えた近代―戦後日本の自己像と教育』ほか多数。

吉見俊哉(よしみしゅんや)
●1957年東京都生まれ。東京大学大学院情報学環教授。専門は、社会学、都市論、メディア論など。著書に、『大学とは何か』『「文系学部廃止」の衝撃』ほか多数。

【著者紹介】
苅谷剛彦 : 1955年、東京都生まれ。オックスフォード大学教授。専門は社会学、現代日本社会論

吉見俊哉 : 1957年、東京都生まれ。東京大学大学院情報学環教授。専門は、社会学、都市論、メディア論など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • gonta19 さん

    2020/1/22 喜久屋書店北神戸店で購入。 2020/1/27〜1/30 読む順リストを大幅に飛ばして読む。 東大とオクスフォード大の教授お二人による対談形式で日本の大学と欧米の大学についての分析と批評が繰り広げられる。欧米がすべて良いわけではないが、文科省主導の日本の大学改革が良い方向に向かっていないのは明らかで、そのあたりの現状分析は鋭い。また、分析するだけでなく、対策なども議論されており、非常に優れた内容。順番を飛ばして読んだ価値があった。

  • なつきち さん

    オックスフォード大学には『カレッジ』『ファカルティ』『ユニバーシティ』の3つの構成素がある。教授や職員の責任の境界が明確で、研究に集中させられる環境があり、講義に集中させる体制としてひとつの授業の単位数を増やすこと、学期中に持つコマ数を少なくする代わりに一つ一つの授業の課題を多く、充実させる。日本の教育は長くキャッチアップ型で、常にモデルがあってそれを追ってきた。また明治維新後、政府の力で大学を(帝国大学や、大学令で大学と認められた早慶など)作ってきた。経済に役立つという基準で知を序列化してはいけない。

  • Myrmidon さん

    オックスフォードと東大を比較しつつ、日本の大学の問題点や改革への批判、日本の大学のこれからなどが語られる。目を引く話としては、学者・学生のコミュニティとしての「カレッジ」の重要性、これまでの日本の「キャッチアップ」(欧米に追いつけ)型の大学としての問題点(具体的には、授業のコマ数が多すぎるとか)、これからの方向性として「単に英語・グローバル化を目指すのではなく、日本語が読めるという強みを活かして、もっと日本語文献などに残された『日本の知』を重視すべき」という話あたりか。

  • akio numazawa さん

    アソシエーション・機能集団としての大学と、コミュニティ・共同体としての大学。 大学という集団には、教育を行う社会組織としての機能的な関係にとどまらない、人格的あるいは情緒的な関係が含まれる。 アカデミックキャピタリズムの影響で、アソシエーションの側面が強く求められている。 アカデミックキャピタリズムを拒否することはできないが、企業体でしかない大学には未来がない。知と資本が一体化する産業体制の網の目にただ捕まえられるのではなく、そこをくぐり抜け跳躍する人々を育てることができるかどうか。

  • 大先生 さん

    書名「大学はもう死んでいる?」なんて、北斗の拳を愛する私としては買わざるを得ない本でした。笑。内容は…チンプンカンプンとまではいいませんが、分かりやすいとは言い難いですね。とりあえず、大学は死んでないようなので、その点は良かったです。他に私が読み取れたのは、薄っぺらなグローバル化なんてあんまり意味はない。文系だって役立つ。オックスフォードは凄い。吉見先生も東大で頑張ってる。くらいですかね。苦笑

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品