永遠の故郷 真昼

吉田秀和

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087713268
ISBN 10 : 4087713261
フォーマット
発行年月
2010年01月
日本
追加情報
:
20cm,157p

商品説明

いよいよ華やぐ歌の生命の輝き、畏るべき知性。
「歌が生れ、戻ってゆくところ」を探る筆は、本書〈真昼〉では、マーラーを中心にその真髄へと入り、いまだ見ぬ歌の生命の深淵へと誘われて、読者はまさに、音楽と詩と生と死――永遠の手に触れる。

内容詳細

目次 : “愛の喜び”/ 二人の女の歌う歌/ 雪のなかの眼/ 遠い世の香り/ “少年の不思議な角笛”から/ マーラーの「ラインの歌」/ 「ヴンダーホルン」とは何か?/ “パドヴァのアントニウスの魚説法”/ 間奏曲/ うぐいす〔ほか〕

【著者紹介】
吉田秀和 : 1913年9月23日、東京日本橋生れ。東京大学仏文科卒。現在、水戸芸術館館長。戦後、評論活動を始め、『主題と変奏』(1953年)で指導的地位を確立。48年、井口基成、斎藤秀雄らと「子供のための音楽教室」を創設し、後の桐朋学園音楽科設立に参加。57年、「二十世紀音楽研究所」を設立。75年『吉田秀和全集』で大佛次郎賞、「わが国における音楽批評の確立」で90年度朝日賞、『マネの肖像』で92年度読売文学賞受賞。2006年、文化勲章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
作者と同じ時代の日本に暮らし、新刊を待て...

投稿日:2010/03/14 (日)

作者と同じ時代の日本に暮らし、新刊を待てることの歓びは、生きていることの希少さを実感させてくれます。

間 諦 さん | 奈良県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    この巻には、マーラーやシューベルトの歌曲についての話が多く語られています。私にはやはりフランスの歌曲よりもドイツの歌曲の方がわかりやすく楽しめました。「ローレライ」やマーラーの「ラインの歌」などは昔を思い出しました。

  • H2A さん

    マーラーがメイン、そこにマルティーニ、シューマン『はじめての緑』(わたしの好きな曲、にも入っていた)、グリーグ、『ローレライ』も取り上げる。マーラーは苦手で大地の歌の告別ぐらいしかよく知らないが、ちょうど取り上げてくれていて勉強になった。気まぐれと言えば気まぐれだが、語りは軽妙でやはり心地よい。実は、順番を間違えて巻をとばしている(『薄明』)ことに読み終えてから気づいたのだった。

  • Gotoran さん

    『永遠の故郷』、第3弾の本書(真昼)でも、著者の卓越した歌劇評論が冴え渡る。様々な歌曲について、楽譜と歌詞(原詩[仏語、独語]とその訳)を引きながら、自身の幼少時、終戦時、仏・独滞在時のエピソードをも絡めて。第1章<愛の喜び>(J.マルティーニ)に纏わる自身の切ない思い出と最後の第11章<告別>大地の歌(G.マーラー)の歌詞の解説(唐詩[孟浩然と王維]に忠実なH.ベートゲの詩とマーラーの編集)が圧巻。豊かな教養、鋭い感性、更には豊富な経験に培われた文章は、読んでいて心地よく、優美さを醸し出ている。

  • ぽんちゃん さん

    別の本で、音楽がもとよりさらに素晴らしくなるためには奏でられるにふさわしい場所がなければならないと書いてあったのを思い出ししました。吉田秀和さんは自然にそういう場所にいる人のような気がします。おわりまる。

  • DEN2RO さん

    「薄明」の続きです。今度も歌のあれこれを語っていて、今回は後半にマーラーの歌曲と交響曲が主に扱われています。言葉から音、さらに音楽、そして歌を思い描くのは至難のことですが、そう仕向ける魅力がこめられた文章です。ただ、原詩とその訳に費やされる紙幅が多いので散漫な感じ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

吉田秀和

1913年、東京日本橋生まれ。音楽評論家。東京大学仏文科卒。戦後、評論活動を始め『主題と変奏』(1953年)で指導的地位を確立。48年、井口基成、斎藤秀雄らと「子供のための音楽教室」を創設し、後の桐朋学園音楽科設立に参加。57年、「二十世紀音楽研究所」を設立。75年、『吉田秀和全集』で大佛次郎賞、9

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品