バッハ 河出文庫

吉田秀和

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309416694
ISBN 10 : 4309416691
フォーマット
出版社
発行年月
2019年03月
日本
追加情報
:
251p;15

内容詳細

バッハを聴くと、何がわかるか―をさまざまに追求した究極の一冊。ミサ曲、受難曲、管弦楽曲、ピアノ、無伴奏チェロ…。リヒター、ヴァルヒャ、グールド、リヒテル、マイスキー、ビルスマ…。

目次 : バッハの「数と神秘」/ ロ短調ミサ曲/ マタイ受難曲/ リヒター/ミュンヒェン・バッハの残したもの/ マタイ受難曲(カール・リヒター指揮/ミュンヒェン・バッハ管弦楽団・合唱団)/ “目覚めよと呼ばわる声す”カンタータ第一四〇番/ アリア集(コジェナー(メッツォ・ソプラノ)/シトリンツル指揮/ムジカ・フローレア)/ 管弦楽組曲第二番ロ短調/ 「最高」のバッハ―ブランデンブルク協奏曲(全六曲)(カール・リヒター指揮/ミュンヒェン・バッハ管弦楽団)/ マリナーと室内合奏団の“ブランデンブルク協奏曲”/ ティボール・ヴァルガ讃(ヴァイオリン協奏曲第二番、他)/ シェリングとヴァルヒャ(ヴァイオリン・ソナタ集)/ 平均律クラーヴィア曲集/ エトヴィン・フィッシャーのバッハ/ 平均律クラーヴィア曲集(第一巻)(フリードリヒ・グルダ)/ 平均律クラーヴィア曲集(第二巻)(リヒテルとグルダの場合)/ 幾通りかのバッハ/ グールドの“ゴルトベルク変奏曲”によせて/ ピノックの“ゴルトベルク変奏曲”―冬に聴く/ パルティータ(全六曲)(アンドラーシュ・シフ)/ イタリア協奏曲(アルトゥーロ・ベネデッティ=ミケランジェーリ)/ 構造と旋律のあいだで(ミルシテインの“無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第二番”)/ 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ(シュロモ・ミンツ)/ マイスキーのチェロ/ 無伴奏チェロ組曲(アンナー・ビルスマ)/ 無伴奏チェロ組曲(鈴木秀美)

【著者紹介】
吉田秀和 : 1913年、東京日本橋生まれ。音楽評論家。東京大学仏文科卒。戦後、評論活動を始め『主題と変奏』(1953年)で指導的地位を確立。48年、井口基成、斎藤秀雄らと「子供のための音楽教室」を創設し、後の桐朋学園音楽科設立に参加。57年、「二十世紀音楽研究所」を設立。75年、『吉田秀和全集』で大佛次郎賞、90年度朝日賞、『マネの肖像』で読売文学賞受賞。2006年、文化勲章受章。館長を務めた水戸芸術館開設を記念し吉田秀和賞が設けられている。著書多数。2012年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • うた さん

    バッハが好き、ということを特別意識することもなく、よくバッハの音楽を聴いている。何度聴いても素晴らしく心地よいためか、かえって語ることがむずかしい。吉田さんの筆致からもこういった印象を受ける。一音一小節が明瞭であるが故に、他のもの、この場合は言葉に置き換えるのがより困難になるのだろう。私はリヒターやマリナーのバッハを好んで聴くが、今度はビルスマも手にとってみることにしよう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

吉田秀和

1913年、東京日本橋生まれ。音楽評論家。東京大学仏文科卒。戦後、評論活動を始め『主題と変奏』(1953年)で指導的地位を確立。48年、井口基成、斎藤秀雄らと「子供のための音楽教室」を創設し、後の桐朋学園音楽科設立に参加。57年、「二十世紀音楽研究所」を設立。75年、『吉田秀和全集』で大佛次郎賞、9

プロフィール詳細へ

吉田秀和に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品