CD

Shangri-la

吉田拓郎

基本情報

カタログNo
:
FLCF4107
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
紙ジャケ

商品説明

初の海外レコーディングとなった80年代最初のアルバム。コンサートでも人気の「あの娘といい気分」を含む全10曲。

内容詳細

1980年5月発表。80年代最初の作品で、初めての海外レコーディングとなっている。コンサートでも人気があるナンバー「あの娘といい気分」を筆頭に全10曲を収録。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ブッカーの歯切れのいい音作りがスバラシイ...

投稿日:2006/12/01 (金)

ブッカーの歯切れのいい音作りがスバラシイ!全体的には西海岸風のノー天気ムードだが、「愛の絆を」は後のアレンジバージョンよりもはるかにいい!拓郎ファン必聴のユニークなアルバム。

どくろう さん | 甲子園 | 不明

0
★
★
★
★
☆
73〜75年が拓郎のピーク。そして78〜81年は...

投稿日:2003/11/15 (土)

73〜75年が拓郎のピーク。そして78〜81年は第2のピークだろう。「ローリング30」をひっさげての1979年のツアーで気をよくし、80年にアメリカに渡ってブッカー・T・ジョーンズと組んだのがこのアルバム。初の海外レコーディングだ。同年11月には「アジアの片隅で」がでる。「シャングリラ」は全体的にはものたりないが、「愛の絆を」がいい。

たむたむz さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

吉田拓郎

1946年4月5日生まれ 鹿児島出身。日本のシンガーソングライターの草分け的存在として現在に至るまで精力的に活動を続けている。

プロフィール詳細へ

吉田拓郎に関連するトピックス

おすすめの商品