日めくり怪談

吉田悠軌

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087880229
ISBN 10 : 4087880222
フォーマット
出版社
発行年月
2019年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
221p;19

内容詳細

めくるたび、どんどん怖くなる。1日5分の恐怖体験!

『一行怪談』で知られる怪談ライター・吉田悠軌による、最新書き下ろし怪談集。
すぐ読めて誰かに話したくなる怖い話、全62話を収録!

☆内容
■団地の封鎖された3階部分で目にしたモノ
■祖父が死ぬ前に被ったお面
■「ママの顔、お尻みたい」
■とあるキャンプ場で繰り返される惨劇
■心霊動画に出て来た女
■子どもの頃に現れた、ずぶ濡れの母子の正体
■大人になる前に死ぬ、と予言された少女を救った秘策 
■北海道の無人駅で、旅人が記したノート
■小人を見る女子大生
■オノシタキリコの話


☆著者について
吉田 悠軌(よしだ・ゆうき)
1980年東京都出身。怪談、オカルト研究家。
怪談サークル「とうもろこしの会」会長。オカルトスポット探訪マガジン『怪処』編集長。
怪談現場、怪奇スポットへの探訪をライフワークとし、執筆活動やメディア出演を行う。
『怪談現場 東京23区』『怪談現場 東海道中』『一行怪談』『一行怪談漢字ドリル 小学1〜4年生』『禁足地巡礼』など著書多数。

【著者紹介】
吉田悠軌 : 1980年東京都出身。怪談、オカルト研究家。怪談サークル「とうもろこしの会」会長。オカルトスポット探訪マガジン『怪処』編集長。怪談現場、怪奇スポットへの探訪をライフワークとし、執筆活動やメディア出演を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • なっち さん

    新年一冊目にこの手の本を選ぶのもどうかと思ったが、図書館でふと気になって借りる。一行怪談と同じ著者による、日めくりとともに短い怖いお話が詰まった一冊。ところどころにしかけてある演出にドキッとする。 読んでも読んでもなかなかページが進まなかったのが一番怖かった。

  • モモ さん

    7月1日から8月31日の日めくりカレンダーとともに、一日一怪で怪談が語られる。日めくりカレンダーには「自分の影に踏まれる」「地蔵を見るたび にらまれる」など少し怖いことが書かれている。怪談によって挿絵がある。髪の毛の怪談では一本の髪の毛が描かれていて、知らずに取り除こうとして、取れなくて驚いた。怪談としては、なかなか面白かった。

  • そうさん さん

    面白い話もあるが、えっ?という話も。これは実話怪談ではないよね。読むのにかなり時間がかかった。

  • フキノトウ さん

    一つ一つの話が短いため、恐怖を感じる前に終わるという印象。ぼんやりとした不気味さはある。

  • かもめ さん

    7月〜8月日めくりカレンダーのデザインで、毎日1話読むと徐々に怖くなるというような設定らしいが、それほど怖くなかった。残念。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品