デザインを伝える、ポートフォリオの作り方 100人いたら、100通りあるモノ語り

吉田康成

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579114962
ISBN 10 : 4579114965
フォーマット
出版社
発行年月
2014年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
127p;26

内容詳細

目次 : 1 コンセプトを導く/ 2 リサーチでアイディアを広げる/ 3 アイディアをデザインに定着させる/ 4 ポートフォリオに“思い”を込める/ 5 レイアウトの心得/ 6 プロのデザイナーのポートフォリオ

【著者紹介】
吉田康成 : 1984年早稲田大学商学部卒業。’87年文化服装学院ファッション工科アパレルデザイン科卒業。同年、(株)イッセイミヤケインターナショナル(現(株)エイ・ネット)入社、「Plantation」企画部に勤務。その後、伊藤忠ファッションシステム(株)を経て、’94年11月よりプランニングオフィスP.T.Y.(Planning Tailor Yoshida)を主宰。ブランディング、商品企画&開発、トレンド分析、マーケティング分析、企画コンサルティングまでの業務を専門とする。2012年より、文化ファッション大学院大学ファッションクリエイション専攻准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • の さん

    ファッションのデザインを伝えるためのポートフォリオ作りのハウツー本。服飾が意匠の表現だった時代は終わり、モノが生まれるストーリーやコンセプトが重要視されるようになった現代では、生地や付属品のみならず、インスピレーションの元となった写真や絵画のコラージュ、アイデアのブラッシュアップの過程などをファイルしてデザインの背景を語るのが必須になっている。ただ闇雲に集めるのではなく、問題を明確に認識しておくこと。そうすればたまたま見つかったものでもひらめきの元になる、と。

  • souther さん

    【図書館】服飾関係者のポートフォリオ作成方法のハウツー本。でも見ているだけでも楽しめた。ポートフォリのハウツーってなかなか無いと思うので、服飾関係でなくても一読の価値があると思う。

  • 藻胤 さん

    起承転結

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品