なぜ、この人と話をすると楽になるのか

吉田尚記

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784778314330
ISBN 10 : 4778314336
フォーマット
出版社
発行年月
2015年02月
日本
追加情報
:
209p;19

内容詳細

コミュ障の私よ、さようなら。

ニッポン放送の大人気アナは、些細な会話すらままならないコミュ障だった!
そんな彼が20年をかけて編み出した実践的な会話の技術を惜しみなく披露。
話すことが苦手なすべての人を救済する、コミュニケーションの極意! !

【著者紹介】
吉田尚記 : 1975年東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。ニッポン放送アナウンサー。2012年第四九回ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞。「マンガ大賞」発起人。株式会社トーンコネクト代表。マンガ、アニメ、アイドル、デジタル関係に精通し、常に情報を発信し続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 徒花 さん

    KUにて。手抜き本。ニコニコ生放送で語った内容をちょっと整理して本にまとめた内容で、こんなものなら動画で見たほうがたぶん、ずっとわかりやすい。しかも、投稿されたコメントに対する著者のリアクションもそのままのっけているので、本にした意味がまったくわからない。もちろん、書かれている個々の内容はいいと思うのだが、とにかく一冊の本としての構成になっておらず、作り手の「こんな感じでいいでしょ」という気持ちが透けて見えるようでキモチワルイ。あまりにも苦痛なので7割くらいで読むのをやめた。

  • takaC さん

    読んだよ、よっぴー。何を隠そう、よっぴー入社より××年も前からのLFリスナーだからね、オレ。

  • みんと さん

    会話が盛り上がらないのは相手に興味を持っていないからだと聞いたことがあるがその通りなのだろう。 ここでも書かれているように相手を好きになったら勝ちなのである。 好きになれば自然に興味もわき会話も楽しくなるに違いない。 やはり表面上だけの取り繕った空気は相手にも悟られてしまうのだ。 コミュ障を克服するにはまず人の良いところを見つけてあげられるような優しさを持つこと。

  • ひめありす@灯れ松明の火 さん

    コミュニケーションは出来る事が前提で、だから『障害』になる。明確に診断のできる障害ではなく、生き辛さを『障害』と定義した一冊。何となく『PLAY』という曲を思い出しながら読みました。相手に興味を持つ。コミュニケーションの相手は敵じゃなくて空気。キャラクターは無理をしない事。女子会って何の実にもならない事も多いけれど、あれがコミュニケーションのコミュニケーションたる所以なのかな。私の場合は、とも思うけど、自分の話をする事は相手を遮断する事なのだそうです。私達にとって一番のとっかかりの言葉は『最近何読んだ?』

  • パフちゃん@かのん変更 さん

    コミュ障対策の本。コミュ障とはコミュニケーション障害の略、日本の国民病の一つで、他人との他愛もない会話が苦痛で苦手な人のこと。タモリさんは人がしゃべるときは相手の目を見ない、鼻のあたりを見る。目を見るのは自分がしゃべる時だそうだ。空気を読むとはその場のムードに自分のテンションを合わせること。話題は常に相手の側にある。会話はトラップ(話を受け止める)・パス(質問する)・ドリブル(自分の話をする)。ウソ禁止、自慢ご法度、相手の話を否定しない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

吉田尚記

1975年東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。ニッポン放送アナウンサー。第四九回ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞受賞(2012年)。「マンガ大賞」発起人。『ミュ〜コミ+プラス』(ニッポン放送)、『エージェントHaZAP』(BSフジ)などのパーソナリティを務める。マンガ、アニメ、アイドル、デジタル関

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品