前向き。 93歳、現役。明晰に暮らす吉沢久子の生活術

吉沢久子(評論家)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838722969
ISBN 10 : 4838722966
フォーマット
出版社
発行年月
2011年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
181p;19

内容詳細

いつの時代も明るく前向きに生きる93歳の著者。そのパワーは、読者の来るべき未来のためにきっと役立つ。「認知症にならないためには料理」など、歳をとるのが怖くなくなる前向きスイッチONの知恵を紹介。

【著者紹介】
吉沢久子著 : 家事評論家。1918年、東京生まれ。文化学院卒業。文芸評論家の古谷綱武と結婚し、そののち、昔から日々の暮らしの中で培われてきた伝統的な文化や技、知恵を、現代の生活の中で活かす暮らしの楽しみを提案。年を重ねても心豊かに充実した生活をおくる日々を綴ったエッセイの執筆や講演活動など、近年も幅広く活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みえ さん

    他にも本をたくさん出されてるようなので、読んでみたい。

  • ふう さん

    一人暮らしの友人が貸してくれました。わたしは一人暮らしではありませんが、老いていく身として共感できる内容がたくさんありました。仕事と育児にがむしゃらに頑張ってきた時代が過ぎ、親の介護のために仕事を辞めて家族中心の生活となった現在、まだあまり自分の身辺を整理する時間はありませんが、気持ちの準備は始めなくてはと思いました。 基本的にはルールを決めきちんと生活するけど、その時々の風の吹き具合(?)で応用に過ごす柔軟さがいいですね。『目標は未来にある』と写真や手紙を処分する勇気もすごい!  

  • yamaneko* さん

    くよくよせず、淡々と自分のすべきこと、欲することをする。割り切りが潔く、他人のことに踏み込まない姿勢も“交わり水の如し”でステキです。 戦争を体験した人の生活力の底力を感じました。

  • オリーブ@ さん

    こんな老後を送りたいって ほんわりと描いていた私の人生 久子さんと重なります。 そうそう それでいいのよって言ってもらった感じです。 子供に頼らず 自分のペースで自分の人生を生き抜きたい。 あまり、寂しさに不安がないのは、近所にある大きな図書館 また、読書メーターのおかげかもしれません。 基本は健康  そこを意識して久子さんを目標に暮らそうと思います。

  • 紅空 さん

    ほんわかした可愛らしいおばあさんといった印象の表紙だけど、中身は深い。◎外に出ればバリアだらけだから家はバリアフリーでなくていい ◎時間持ち=思う存分好きなことができる ◎新しいシステムも積極的に覚える ◎料理がすべて出来上がった時台所が綺麗に片付いている台所点前 ◎友人と知人は分けて考える ◎ときにはもうできないと潔くあきらめることが救いになる ◎認知症にならないためには自分を甘やかさず、気を抜かず、料理する  日記の編纂や読書三昧など考えるだけでも楽しそう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品