前方後円墳 巨大古墳はなぜ造られたか シリーズ古代史をひらく

吉村武彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784000284950
ISBN 10 : 4000284959
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
317p;19

内容詳細

日本列島では三世紀半ば以降、箸墓古墳や大山古墳(仁徳天皇陵)ほか、驚くほど巨大な前方後円墳がいくつも生まれた。なぜこの時期に、この形状で造られたのか。最新の発掘成果から描くことのできる、当時の社会のありようとは?考古学と歴史学がタッグを組み、長年問われ続けてきた古代の“巨大な謎”に挑む。

目次 : “前方後円墳”への招待/ 前方後円墳とは何か/ 古墳と政治秩序/ 国の形成と戦い/ 歴史学から見た古墳時代/ 加耶の情勢変動と倭/ 前方後円墳が語る古代の日韓関係/ 座談会 いま“古墳”から何が見えるか

【著者紹介】
吉村武彦 : 1945年生。明治大学名誉教授。日本古代史

吉川真司 : 1960年生。京都大学教授。日本古代史

川尻秋生 : 1961年生。早稲田大学教授。日本古代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品