時代の声、史料の声

吉村昭

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309019062
ISBN 10 : 4309019064
フォーマット
出版社
発行年月
2009年02月
日本
追加情報
:
20cm,219p

内容詳細

徹底した史料の読み込みで知られる記録文学の第一人者が、ノンフィクションと小説の関係など、記録と文学という問題意識をベースに、ボクシング小説体験、癌で逝った弟の話、東京の空襲の記憶などを語る対談集。

【著者紹介】
吉村昭 : 1927年、東京生まれ。小説家。東京開成中学を肺結核のため休学。卒業後、長兄の会社で働いた後、終戦後に学習院大学中退。在学中に同人誌『学習院文芸』(後に『赤絵』)を創刊。1958年、短編集『青い骨』を刊行。『星への旅』(太宰治賞)、『深海の使者』(文藝春秋読者賞)、『ふぉん・しいほるとの娘』(吉川英治文学賞)、『冷い夏、熱い夏』(毎日芸術賞)、『破獄』(讀賣文学賞・芸術選奨文部大臣賞)、『天狗争乱』(大佛次郎賞)。他に菊池寛賞、日本芸術院賞も受賞。歴史文学、記録文学の第一人者であった。2006年、膵臓癌で逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ポン さん

    『ボクシングに酔い、時代に出会った』沢木耕太郎氏と吉村昭氏のボクシングをテーマにした対談。この頃は、沢木さんもボクシングを題材に小説を書くことになるとは、思ってなかったんではないでしょうか。『一瞬の夏』の続きが読めることを楽しみにしてます。

  • 厩火事 さん

    最初の沢木耕太郎さんとの対談に惹かれて読みました。お二人ともボクシング好きなんですね〜 あと吉村さんの作品はノンフィクションにあらず ということがわかって良かったです。

  • シュラフ さん

    吉村昭と作家・学者・編集者らとの対談集。吉村昭の作品づくりの考え方も語られている。吉村昭は念入りな資料収集と事実確認を行っていくが、作品づくりの中では多くの資料について捨てた(=書かなかった)。「私はこれだけ調べました」と書きたくなるのが人の習性である。だから書いてしまうが、それが駄目なのである。あくまでも自分の書くものが大切という。吉村昭が細部にこだわったのはリアリティ追求のため。細部のリアリティがあってはじめて読み手はイメージを湧かせることができる。吉村昭が細部にこだわる理由が分かる。

  • ちゃーりー さん

    内容は他著書で知っていても対話として書かれているとより一層納得させられる、未読本をボチボチと読んでいきます。

  • ラオニ さん

    この手のものを読むとまた色々読みたいものが増えてきます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

吉村昭

1927(昭和2)年、東京・日暮里生まれ。学習院大学中退。58年、短篇集『青い骨』を自費出版。66年、『星への旅』で太宰治賞を受賞、本格的な作家活動に入る。73年『戦艦武蔵』『関東大震災』で菊池寛賞、79年『ふぉん・しいほるとの娘』で吉川英治文学賞、84年『破獄』で読売文学賞を受賞。2006(平成1

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品