バターを使わないコーヒー、紅茶、日本茶のお菓子

吉川文子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579213139
ISBN 10 : 4579213130
フォーマット
出版社
発行年月
2017年11月
日本
追加情報
:
96p;26

内容詳細

目次 : コーヒーのお菓子(コーヒーガレット/ コーヒーとピーナッツバターのスコーン/ コーヒーブラウニー ほか)/ 紅茶のお菓子(紅茶のレモンクリームサンドケーキ/ 紅茶の絞り出しクッキー/ 紅茶のアーモンドケーキ ほか)/ 日本茶のお菓子(抹茶のクリームサンドクッキー/ 抹茶とカシューナッツのキャラメルサンドクッキー/ 抹茶ミルクジャム ほか)

【著者紹介】
吉川文子 : お菓子研究家。洋菓子教室「Kouglof」主宰。1995年に自宅でお菓子教室を始める。藤野真紀子氏、近藤冬子氏、サントス・アントワーヌ氏などに師事。1999年「きょうの料理大賞」でお菓子部門賞を受賞。その後バターを使わないお菓子の研究を重ね、味や食感を生かす独自の技を生み出す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ほうじ茶のお菓子がとてもおいしかったです...

投稿日:2019/01/13 (日)

ほうじ茶のお菓子がとてもおいしかったです。抹茶のクッキーも何度もリピートしています。組み合わせも色々珍しく作るのが楽しいです。

りのりの さん | 兵庫県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • sibarin♪ さん

    美味しそうだけど つくってみたい!ってピンポイントのおかしはなかった。誰かに作ってもらっていただくのがいちばん( ̄▽ ̄)

  • ふらこ さん

    コーヒー、紅茶、日本茶の風味を味わうレシピなので。当然のことながら。バターでなく植物油がメイン。まだこの本は購入して日が浅いので。まだ作ってないです。でも気になるレシピはちらほら「紅茶の絞り出しクッキー」「チャイ風味のダコワーズ」「ほうじ茶のマドレーヌ」「抹茶カステラ」「コーヒーガレット」コーヒー豆も紅茶の茶葉もあるので、いつでも作れる状態ですね!作る前から馴染みのある味に仕上がるってわかるので、安心感があります。

  • すらいむ さん

    衝動買い。タイトルの通りです。ケーキやクッキーなどのベターな焼き菓子にとどまらず、プリンやババロアなども幅広くレシピが載っているので、暖かい飲み物の出番が増えるこれからの季節は双方ともに重宝しそうです。バター不使用のレシピばかりなのでお財布にも打撃が少ないですし、なにより大体のものが薄力粉と卵と砂糖、それとお茶があればいい!という材料の品数の少なさが心強いです。

  • とても甘い さん

    とりあえずコーヒーガレットを。粉砂糖をきび砂糖にかえて10グラム減らして作りました。じゃりじゃりでそれはそれで美味しかった!➕焼く時間がかかるだけで、生地はとっても簡単だった。これはまた作る。

  • relaxopenenjoy さん

    授乳中でバター・生クリームを出来るだけ控えていますが、甘いものは食べたいし誕生日にはケーキだって作りたい!ということでコーヒーバナナアップサイドダウンケーキを作りました。簡単で美味しかったです。一部、一般家庭では常備していないだろう材料も使われていますが。この著者の別のレシピ本も試してみようと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

吉川文子

お菓子研究家。手作りのお菓子を友人に出していたところ、作り方を教えてほしいと言われたのがきっかけで、お菓子教室をスタート。現在、自宅にて、洋菓子教室「kouglof」を主宰。藤野真紀子氏、近藤冬子氏、フランス人パティシエのサントス・アントワーヌ氏らに師事。1999年に、「きょうの料理大賞」にてお菓子

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品