青空の憂鬱 ゴッホの全足跡を辿る旅

吉屋敬

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566050693
ISBN 10 : 4566050696
フォーマット
出版社
発行年月
2005年04月
日本
追加情報
:
22cm,269p 図版16p

内容詳細

何がゴッホを画家へと駆り立てたのか。作品で何を伝えたかったのか。天才でも狂気でもない…。今、立ち上がるゴッホの真の姿。多数の作品図版と資料のほか、詳細なゴッホ年表と全足跡の一覧表を掲載する。

【著者紹介】
吉屋敬 : 画家・エッセイスト。オランダ芸術家協会員。オランダ在住。1945年横浜に生まれる。1965年渡蘭。二つの美大で学ぶ。日蘭両国で個展、特別企画展等への招待多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 彼岸花 さん

    写真や絵がたくさん掲載されていますが、オールカラーページだったら良かったですね。ゴッホの写真は残っていないらしく、30代の彼の写真を、見てみたいと思いました。ゴッホは、引っ越しも多く、安住の地を模索し続けたのでしょう。金銭面の問題がずっと尾を引いて、彼自身、最後、とても苦しんだのだと思います。周りからは狂人扱いされ、それでも画家であるプライドがあったからこそ、多数の作品を世に残すことができました。テオの妻の尽力による功績も大きく、ひまわりのような女性だったのかもしれません。

  • sachi_0211 さん

    「ゴッホ星への旅」では言及されなかったオランダ時代のゴッホのことや、貴重な所縁の地の写真などが添付されていて、ゴッホの一生の全体像が、よりはっきりと掴めた。ゴッホの行動の原動力や動機についての記述が私にとっては目新しい。私の興味はゴッホの手紙そのものに向けられてきたので、今度は書簡を読もうと思う。ゴッホの文字における表現も、感動的だと思うので。図版と共に、ゴッホの思想と芸術を知りたい。

  • 林克也 さん

    ゴッホの絵は好きです。なんとなく知ってはいましたが、ゴッホは弟テオがその生活(費)のすべてを担っていたということを、この本ではっきりと知りました。それをしたテオの目的って、今となっては真実は判らないと思いますが、でも、亡くなってから絵と”伝説”で莫大な金を稼いだ(もちろんそれで本人や親兄弟を養うことはできないですが)ゴッホがいるわけで、生前に絵が高く評価され高く取引されたなら、ゴッホの絵は違うものになっていたかもしれません。世のなか上手く出来てるな、という思いです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

吉屋敬

画家・エッセイスト。オランダ芸術家協会員。オランダ在住。1945年横浜に生まれる。1965年渡蘭。二つの美大で学ぶ。日蘭両国で個展、特別企画展等への招待多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品