CD

『オフィチウム・ノヴム』 ヒリヤード・アンサンブル、ヤン・ガルバレク

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCE7512
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ヒーリング音楽の草分け的アルバム『オフィチウム』21世紀ヴァージョン登場!

千年に渡って歌い継がれてきた聖歌に、20世紀に生まれたサクソフォンの音色を融合させ、独特の神秘的音世界を実現させた大ヒットアルバム『オフィチウム』。その続編とも言うべきアルバムが登場!
直輸入盤仕様・日本語解説・歌詞対訳付

【収録情報】
・コミタス:何という奇跡
・ビザンツ聖歌:聖にして福たる常生なる天の父
・ガルバレク:アルティング・フィンズ
・K.ニコライ:連祷
・コミタス:サーブ、サーブ
・ペルト:最も神聖なる神の母
・作者不詳:3つのMorillas M'Enamoran
・コミタス:私の心は震えている
・コミタス:Hays hark nviranats ukhti
・ぺロタン:アレルヤ、処女マリアの誕生
・ガルバレク:ウィ・アー・ザ・スターズ
・セフェリス:少しだけ静まる
 ヤン・ガルバレク(ソプラノ&テナー・サクソフォーン)
 ヒリヤード・アンサンブル

 録音時期:2009年6月29日〜7月1日
 録音場所:オーストリア、ザンクト・ゲロルト修道院
 録音方式:デジタル(セッション)

内容詳細

17年ぶりの第2弾は、コミタスが編纂した中世期のアルメニアの宗教音楽が中心になっている。中世と現代とが交錯するという試みは前作と同じで、フリー・フォーム・スタイルのガルバレクのサックスに、ヒリヤード・アンサンブルの透明な声が絡んで、吸い込まれるような響きを作り出している。(T)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. なんという奇蹟 (キリストの洗礼の讃歌)
  • 02. 喜ばしき光
  • 03. すべてのものは、そこにある
  • 04. 連祷
  • 05. 聖なるかな、聖なるかな
  • 06. 生神女マリア
  • 07. 3人のムーア娘 (16世紀王宮の歌曲集から)
  • 08. 我が心は震える (聖木曜日の讃歌)
  • 09. この教会に
  • 10. アレルヤ、乙女マリアの誉れある御誕生
  • 11. 我らは星々なり
  • 12. もう少し行くと

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
前作のofficiumが、ルネサンス声楽曲の「調...

投稿日:2011/02/28 (月)

前作のofficiumが、ルネサンス声楽曲の「調和」にサキソフォンが味付けをしていたのに対し、こちらはやや現代風の曲が混じっており、やや趣が異なります。前作どおりの透明感を味わうことができますが、「調和」を求める方にはちょっと不満が残るかもしれません。

OTTO さん | 東京都 | 不明

0

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品