大学サバイバル 再生への選択 集英社新書

古沢由紀子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087201222
ISBN 10 : 4087201228
フォーマット
出版社
発行年月
2001年12月
日本
追加情報
:
18cm,229p

内容詳細

少子化に伴い2009年には、大学・短大「全入時代」が到来する。定員割れ、経営難、統合再編、国立大の独立行政法人化など、変貌する大学の姿を、現場の新聞記者が多面的に解説。

【著者紹介】
古沢由紀子 : 1965年生まれ。読売新聞社会部記者。87年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、読売新聞入社。大学だけでなく初等中等教育も含め、教育問題全般をカバーしながら、取材を重ねる。98年から2000年まで文部省担当。社会部教育担当として新学習指導要領の実施や、大学改革など、変革期にある「教育」を様々な角度から検証している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 佐島楓@勉強中 さん

    2001年初版。18歳人口が減る中入学者集めに苦労する学校、ゆとり教育導入後の誤算など、すでに考えたり読んでいたりすることも多かった。この時点でネット大学の可能性について触れているのには少し驚いた。好きなときに大学に行き、好きなときに学べるというのがこれからのライフスタイルの理想だ。勉強とは本来楽しくて能動的なものだと思うのです。

  • okanotomokazu さん

    ちょうど国立大学法人が設立されるタイミングで書かれたものなので、当時の問題意識、展望などが伝わってくる。その後、どうなったかを比較すると、さらに勉強になる。 少子化、学力低下などの大学を取り巻く環境はいまも全く同じ。その中で大学自身がどう変革し、対処していくか。 その改革は、「大学が何を目指すか」、「どういう学生を育てるのか」という価値観に貫かれていなくてはならない。枠組みを変えるだけでは、本当に魅力ある大学にはならないだろう。 私立大学も国立大学も、サバイバルの時代。小手先の戦術ではなく、理念が必要だ。

  • ミツ さん

    社会部教育担当の新聞記者による、変動する日本の大学状況を記した著作。 ちょうど10年前の2001年、小泉内閣による改革が行われた年に書かれており多少古いが、多くは今現在でも十分に当て嵌まる状況であり、また今現在の大学状況を巡る諸制度がどのような背景から来ているのか知ることが出来た。 四年制大学だけでなく短大や専門学校についても触れられ、ゆとり教育や学生の気質、国立大学法人化、大学統合、女子大などについて論じられた後、著者自身による展望が語られる。

  • tooka さん

    学校間のタテの連携が驚くほど隔絶していること、大学の法人化に伴うメリットと副作用、そして株式会社の学校の紹介が参考になった。一方で私学への補助金が自明視されていて本の議題に上らないことが不満。事務員のアウトソーシング大いに結構。しかし委託して財政のスリム化を目指すだけでいいのか。中国みたいにノウハウを盗み取るくらいの気概はないのか。学生の学習意欲の低下を嘆く一方で、大学側にもかつての自立心はない。意欲のなさは目くそが鼻くそを笑っているように見える。

  • アルゴン さん

    ★★★☆  そういえばうちの大学ってけっこういろんな取り組みしてたんだよなあ、まじめに学ばずにもったいないことしたなあ・・・と反省。少子化・多様化の中、大学も必死ですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

古沢由紀子

1965年生まれ。読売新聞社会部記者。87年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、読売新聞入社。大学だけでなく初等中等教育も含め、教育問題全般をカバーしながら、取材を重ねる。98年から2000年まで文部省担当。社会部教育担当として新学習指導要領の実施や、大学改革など、変革期にある「教育」を様々な角度

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品