メモランダム 古橋悌二

古橋悌ニ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784898150382
ISBN 10 : 4898150381
フォーマット
出版社
発行年月
2000年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
238p;20

内容詳細

国内外ともに高い評価を受けているパフォーマンス集団「ダムタイプ」のリーダー的存在でありHIV/エイズとともに生きたアーティスト・古橋悌二の記録。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アマニョッキ さん

    須山奈津希さんの「memorandum」を読む前に古橋さんの「memorandum」を引っ張り出す。先日読んだ朝吹真理子さんの「TIMELESS」でもこの作品のことが触れられていてうれしくなったのもきっかけ。手紙だったりインタビューだったりportraitだったり。まさにメモランダム。涙を誘おうとしているわけではなく、心情の吐露。古橋梯二という生き方。こういう本は手元にあるだけで勇気になる。

  • しゅん さん

    古橋さん、書き言葉よりインタビューの話し言葉が魅力的。浅田彰がエモーショナルを前に出した評論を書いている。

  • aof さん

    これを読むと90年代の雰囲気を思い出す。人と愛し合うことにいろんな意味が付加されていた。でも、それは今でもそうなのかも。S/Nで言われているように発明されなければいけないのかもしれない。もう、ここはすでにあの時の未来だけど。 全体的に切なくて寂しい気持ちで読んでいた。昼間読んでたのに、深夜みたいな気分だった。

  • hiratax さん

    80年代から90年代はじめにとって、サブカルチャーの出版メディアがエイズをさかんにとりあげていたけど、著者は、HIV感染の当事者であり命を落としているが、悲壮感というより、新たな人間拡張の可能性へ視線を向けているよう。この本、図書館で借りたんだが、ある図書館が除籍で放出し、それを別の図書館が拾い上げていた。これもナイス。

  • ひろ さん

    涙を誘いたいわけじゃない。憐れんで欲しいわけじゃない。みたいな内容がずしりときた。こういうのは時間をかけてゆっくり読むべきなんだろうな。図書館で読むには時間が足りない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品