非常出口の音楽

古川日出男

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309025896
ISBN 10 : 4309025897
フォーマット
出版社
発行年月
2017年07月
日本
追加情報
:
200p;19

内容詳細

不思議な音に導かれ、森に入るおじいさんとおばあさん、ママのバイクから落っこちた少年の、1年間のサバイバル、人がいっさい消えた世界で進化する猫たち―。『gift』以来となる、13年ぶり、待望の掌篇集。

【著者紹介】
古川日出男 : 1966年、福島県生まれ。98年『13』で作家デビュー。2002年『アラビアの夜の種族』で日本推理作家協会賞および日本SF大賞、06年『LOVE』で三島由紀夫賞、『女たち三百人の裏切りの書』で15年に野間文芸新人賞、および16年に読売文学賞(小説賞)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • masa さん

    バンド音楽が生まれることは控えめにいっても奇跡だ。魂とか祈りとか衝動とか、そう呼ぶしかないような、ナニかが宿る。なのに、バンド音楽が死ぬことは酷く容易い。メンバーの心が通わない。どうしようもなく凡庸な、それだけだ。世界のあちこちで非日常的なことが日常的に起きている。ループするライヴ盤にはたとえ鳴っていても、そのときを過ぎれば二度とは聴こえない音が封じられていて、終わりの手拍子は始まりの歓声と溶け合い、非常出口に一方通行で吸い込まれてゆく。他人が下す評価をミュートして、僕は付属するふたつの耳を信じて傾ける。

  • 波音 さん

    私にしかみえない、私だけの非常口。こっそり扉を抜けて深く呼吸をする。指をかけたままのトリガー。あと少し。もう少し。戦わないと終わるよ。空を見上げて いまと対峙する。天から落ちる雨に頬を濡らして堪るものかと。ロジックなど無視して、やり直すことでやり直そう。うちの猫の名前はライオンていうの。雄だと思う?それとも雌?正解率はイマイチね。それぞれ違う場所で過ごす時間の流れは等しくないから。ママにとっての三日は僕にとっての一年だった。経験が成長させてくれた。そして卵泥棒がメッセージを残すのさ。卵焼きが言語を超えて。

  • さっとる◎ さん

    日常はいつだって非情で異常なので私は恒常的に非常出口を必要としている。そんな前口上。それはもちろん頭上とか市場とかG線上とかにあってもいいのだけど、できれば路上とか俎上とか日常的で、籠城にも耐えうるような身近なものがいい。聞こえなくなった声が悲しくても毎日は回るのだから。どこへ行ってもとりあえず帰る場所は必要なのだから。そんな当たり前すぎる毎日。生き残るのに必要なのは特別な一瞬じゃなくて、日常を非日常に変えてくれる、ささいな特別。それはお気に入りの音楽とか、繰り返し開いてしまう本とか、たぶんそんな近くの。

  • さっとる◎ さん

    非日常っていいよなあと思う。日常に不満があるとかないとかそういうところを超えて、いいよなあって思う。でもそうそう日常が「非」になるわけもなく。その「非」にならない日常が「非」になる瞬間。もしかしたらそれは私が思うよりたくさん溢れているのかもしれない。予言としてのお天気番組。日々脱落レースが密かに開催される満員電車。宙から宙に移動するアップルヘッド。音に糸。それを見逃さないでいられるかどうかは、私次第。人には、ときに非常出口が必要だ、…。ひっそりそこにある奇跡に私はどれくらい気付けているだろう?

  • ボン さん

    再々読。「gift」に続く掌編集。「gift」が物語の種が詰まった玉手箱なら、音の詰まったこちらは多彩なジュークボックスか。優しく包み込むような響きとともに、現代社会を生きる我々への問いかけを感じる。今回は「卵泥棒おおいに語る」が印象に残った。事件を起こした「少女」という属性をめぐって沸騰する世論。これに昨今の「高齢ドライバー」や「引きこもり」自体が犯罪であるかのような風潮を連想。何か事件が起きるたびに分断されていく社会。少女たちが白身と黄身をミックスして作った巨大出汁巻き卵に連帯のメッセージを幻視した。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

古川日出男

1966年福島県生まれ。98年に『13』でデビューする。2002年『アラビアの夜の種族』で第55回日本推理作家協会賞、第23回日本SF大賞をダブル受賞。06年に『LOVE』で第19回三島由紀夫賞、15年『女たち三百人の裏切りの書』で第37回野間文芸新人賞、第67回読売文学賞をダブル受賞(本データはこ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品