作家と楽しむ古典 平家物語 能・狂言 説経節 義経千本桜

古川日出男

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309729145
ISBN 10 : 4309729142
フォーマット
出版社
発行年月
2018年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
202p;19

内容詳細

政変、災害、そして戦争へ―時は中世。『平家物語』とそこに連なる名作たち。

目次 : はじめに(池澤夏樹)/ 平家物語 現実に還流するフィクション(古川日出男)(翻訳者に刺さる矢/ 女たちの名前 ほか)/ 平家物語 特別対談 祈りの演奏としてのノベライゼーション(古川日出男×波戸岡景太)/ (最強のフィクション/ 異本、外典、換骨奪胎 ほか)/ 能・狂言 ポップ・ミュージックが聞こえる(岡田利規)(台詞/文学/ 「圧縮」された原文 ほか)/ 説経節 説経節といっしょに苦労してきた(伊藤比呂美)(仏教文学/ 働く女たち ほか)/ 義経千本桜 思いどおりにならないかなしみ(いしいしんじ)(義経はレコードの穴/ 大阪ディープサウス ほか)

【著者紹介】
古川日出男 : 1966年、福島県生まれ。2002年『アラビアの夜の種族』で日本推理作家協会賞および日本SF大賞、06年『LOVE』で三島由紀夫賞、15年『女たち三百人の裏切りの書』で野間文芸新人賞および16年、同作で読売文学賞(小説賞)を受賞

岡田利規 : 1973年生まれ。劇作家・小説家。97年、チェルフィッチュを結成。05年に『三月の5日間』で岸田戯曲賞受賞。07年に小説集『わたしたちに許された特別な時間の終わり』を発表し、大江健三郎賞を受賞

伊藤比呂美 : 1955年東京生まれ。詩人・作家。『ラニーニャ』で野間文芸新人賞を受賞。2006年詩集『河原荒草』で高見順賞、07年『とげ抜き新巣鴨地蔵縁起』で萩原朔太郎賞、08年紫式部文学賞を受賞

いしいしんじ : 1966年大阪生まれ。03年『麦ふみクーツェ』で坪田譲治文学賞、12年『ある一日』で織田作之助賞、16年『悪声』で河合隼雄物語賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アキ さん

    「池澤夏樹・個人編集・日本文学全集」の刊行を始めるとき大江健三郎さんに「古典を現代語に訳す作家や詩人の人たちもこれを機に変わると思います」と言われた。この本では4人の作家の訳した作品との関わりが述べられており、その通りになっているのがよくわかる。そのなかで古川日出男の平家物語の翻訳に対する取り組みがすさまじい。すべて手書きで語り手を3つのパートに分け最後に成仏させようじゃないかと思ったと。東日本大震災を経験した著者ならではの視点。是非古川・平家物語を読もうと思う。能・狂言も人形浄瑠璃や文楽ももっと知りたい

  • ボン さん

    声に出して語り演じられる古典を現代語訳した作家たちの講義録。平家物語の古川日出男目当てで読んでみた。史実を扱った物語には現実に生きた人、殺し殺された人たちの事跡が含まれており、これを訳するには真剣な責任を伴うとの言葉に胸をつかれた。他の作家も面白かった。それぞれ語り手と聞き手のライブ感を大事にして翻訳している。岡田利規の能・狂言は現代劇アレンジで観てみたい。伊藤比呂美の説経節は演歌の世界。切々とした語り口に泣きのカタルシスを感じさせる。いしいしんじの義経千本桜はリズムが好み。いつか現代語訳を読んでみよう。

  • はざくら♪ さん

    古川日出男訳平家物語を読むために予習のために。

  • ayako さん

    古典の訳に臨む作家たちの心の持ちようなど、裏側が見えて読書欲が掻き立てられる

  • 林克也 さん

    なかなか“原文”では読み切れないので、こういう企画はとてもいい。この作家たちの訳した現代語訳なら読書欲をそそられる。それに、読者としてもだが、当の作家にとってはとても価値のある仕事だと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

古川日出男

1966年、福島県生まれ。98年『13』でデビュー。『アラビアの夜の種族』(2001)で日本推理作家協会賞および日本SF大賞、『LOVE』(2005)で三島由紀夫賞、『女たち三百人の裏切りの書』(2015)で野間文芸新人賞および読売文学賞を受賞。『平家物語』の現代語訳も手がけ、戯曲『冬眠する熊に添い

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品