脳を傷つけない子育て マンガですっきりわかる

友田明美

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309249032
ISBN 10 : 4309249035
フォーマット
出版社
発行年月
2019年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
160p;19

内容詳細

目次 : 1 親の言動は、子どもの脳にどのような影響を与えるか?(子どもへの虐待が増えている/ 不適切なかかわり「マルトリートメント」をしていませんか?/ 夫婦げんかやDVは子どもの「こころ」を傷つける ほか)/ 2 子どものSOSサインに気がつこう!いつからでも間に合う子どもの脳を傷つけないための39の方法(幼児期の気になるふるまい/ 学童期の気になるふるまい/ 思春期の気になるふるまい)/ 3 自分のことも、子どものことも、「ほめ育て」よう(親は自分が育てられたように子どもを育てる/ 思うようにいかない、と思うときは…/ SOSはもっと気軽に発していい ほか)

【著者紹介】
友田明美 : 福井大学子どものこころの発達研究センター教授・副センター長。専門は、小児発達学、小児精神神経学。子育てにおける「マルトリートメント」が子どもの脳や成長に与える影響について、警鐘を鳴らした第一人者。2018年より自治体と医療機関が連携する「マルトリートメント予防モデルの構築」を大阪府で実践するなど、子どもおよび子育て中の家族をケアする活動を積極的に行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たまきら さん

    マルトリートメント(不適切な対応)をカテゴライズ化し、よくあるケースに合わせて適切・不適切な対応を紹介してある分かりやすい一冊です。愛着障害、脳が傷つきやすい時期などもごく初歩ではありますが説明されていて、とても興味深かったです。3年生になってまた難しい時期に差し掛かった娘と、4連休はじめにぶちあたり、家族で話し合い、後半は非常に良い時間を過ごすことが出来ました。話し合うこととシミュレーションすることの重要性を学んだ連休でした。

  • しぃ さん

    マンガでわかる、とあって確かに読みやすいし取っつきやすい。脳を傷つけているかもしれない、なんて親にとってはかなりショッキングなタイトルだけど、色々なことを扱っているので、その分内容も浅く、こうしよう的なのもアッサリ過ぎて物足りなかった。ここから広げていくには最適な1冊かな。

  • ひろか さん

    啓発本ということなのでしょう。内容としては、なんてことないものでした。

  • mym さん

    イヤイヤ期のこどもにイライラしてしまって、急いで読んだ。自分の態度でこどもの脳を傷つけてしまうってわかっただけでイライラが減った気がする。読んでよかった。

  • telephone さん

    マルトリートメントという言葉は、はじめて聞いた。子どもの脳を傷つけないよう、気をつけよう。しかし、人の脳は繊細にできているのですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品