原由子

原由子 プロフィール

原由子 | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

原由子

原 由子(はら ゆうこ、1956年12月11日 - )は、日本の女性ミュージシャン。本名、桑田 由子(くわた ゆうこ)旧姓、。神奈川県横浜市出身。所属事務所はアミューズ、所属レコード会社はSPEEDSTAR RECORDSの中のタイシタレーベル。青山学院大学卒業。愛称は、原坊(ハラボー)。

シンガーソングライターでもあり、バンド・サザンオールスターズのメンバーで、キーボードを担当している。夫は同バンドのリーダーである桑田佳祐。

来歴・人物

神奈川県横浜市内の横浜市立本町小学校、吉田中学校を卒業後、高校入学と同時にフェリス女学院高等学校に編入、卒業。青山学院大学文学部英米文学科卒業。

フェリス在学中に、友人とフォークデュオ「ジェロニモ」を組んでボーカル・ギター担当で活動する。大学入学後もジェロニモは続けていた。ジェロニモの名前の由来は、「男らしくて力強い名前」であり、また原は「ジェロニモを結成してから、私の高校生活は明るいものになっていった」と当時を述懐している。

大学入学後、桑田佳祐、関口和之らが所属していたサークル『BETTER DAYS』に入り、桑田らのバンドにもピアノの技術を買われて参加する。原が桑田に抱いた第一印象は「なんとなくいじめっ子ぽかった」「こんなにわかりやすい人と結婚するとは、夢にも思わなかった」とのこと。しかし、桑田がクリームやディープパープルを歌うのに聞き惚れた。一方、桑田は、原がピアノでエリック・クラプトンの「いとしのレイラ」を演奏する腕前に心底驚いた。

1979年、桑田が原に「ずっと一緒にいよう!」と告白して、その数日後に原に電話口から聴かせた曲が「いとしのエリー」であった。

在学中にサザンオールスターズとして「勝手にシンドバッド」でデビュー。キーボードの他、『私はピアノ』『そんなヒロシに騙されて』『鎌倉物語』などではリードボーカルも務めている。初期を除き、サザンのアルバムでは1曲ずつ原がボーカルを…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%