CD

glanzend

原田ひとみ

基本情報

カタログNo
:
ZMCZ9843
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
DVD付き, 初回限定盤

内容詳細

声優アーティスト、原田ひとみの1stアルバム。表情豊かでシリアスなヴォーカル、その確かな歌唱力がたっぷりと味わえる一枚だ。デビュー曲「Once」から7thシングル曲「共鳴のTrue Force」までの3年間の軌跡がここに。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   2

  • 01. ルシファーと言う名の翼 (Music Clip)
  • 02. ルシファーと言う名の翼 (Music Clip-メイキング-)
  • 03. Anicca (Music Clip)
  • 04. 共鳴のTrue Force (Music Clip)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
…去年の年末に入手したシングル「Overdriv...

投稿日:2016/07/01 (金)

…去年の年末に入手したシングル「Overdrive」がよかった、 というか気に入って、 表題曲「Overdrive」もカップリング曲「Oh No, Oh No」も両曲ともに、 この半年間で130回あまり繰り返し聴いてたりするので、 この原田ひとみって人のアルバムも、何か入手して聴いてみようかな、 と思って、調べてみると、 この、半分ベスト盤的なアルバム… …全14曲62分の内の大半とも言える9曲が何かしらの、 アニメやゲームのテーマ曲やイメージソングってことみたいだけど、 自分が、偶々視たことがあったアニメでOP曲やED曲だったから、 ってことで耳にしたことがあって知っていたのは、 4曲かな…でも、4年ほど前に視ていたアニメの曲とかだと、もう、 あまり記憶に残ってなかった曲もあったり… で、このアルバム用の新曲ってのが4曲くらいある、と… でもまぁ、ともかく、 今回、せっかく縁が巡ってきたんで、まっさらな気持ちで、 全曲知らないつもりで、聴いて楽しめればいいかな、 という感じで、 このアルバムを入手して実際に全曲聴いてみて… 歌声的には、カッコイイ歌声、または、 カッコイイ&艶っぽい歌声で歌っている曲がずらりと並んだアルバム、 という印象… 歌の内容的には、 アニメやゲームに関連した曲が多いからってのもあるんだろうけど、 「走り続ける」「諦めない」「負けずに闘う」とか「愛する誰かを護る」 みたいなイメージの曲や、 恋愛系の感情を歌った曲ってのが大半だった、 という感じかな… で、個人的には去年末の「Overdrive」を超えるほどのインパクトの曲 ってのはなかったな、という印象だけど、 でも同等くらいのインパクトの曲は何曲かあったと思うし、 何というか、 過去に、このアルバム内の収録曲のような曲を歌い続けて来て、 歌声的にも進化を遂げつつ、去年末の「Overdrive」にまで至り、更には、 今後も、この原田ひとみという人は前進を続けて行くのかな… という、そういう部分も感じられたと思うんで… このアルバム、実は去年2015年の2月上旬に発売になった時に、 何処かの店舗の売場に並んでいるのを目にしてはいたんだけど、その時には、 買って聴きたいとまでは思わなくて、それっきりだったんだけど… 1年以上経ってから、再度縁が巡ってきて、 入手して聴いてみて…入手して聴いた甲斐は、あった、 と今はそう思える感じなので、個人的には、まぁ、よかったな、 と…そんな感じです。 …何というか、このアルバムの楽曲は、個人的な感覚では、 聴いてて、内面的な感情がドバーっと伝わってきて涙が出てくるような、 そういう楽曲では、正直、ないんだけど… そういう方向性とは別の形で、解放された感情が乗った力強く艶のある歌声、 が…特に艶のある高音部分の歌声が、心地いい、 そしてカッコイイ…という、そういう形で聴く人の心を、 高揚させたり、スカッとさせたり、みたいな…そういう方向性の魅力が、 たっぷり詰まったアルバムだな、という感じ。 …個別に、印象に残った作品は… 恋心を歌った系では、 「ルシファーと言う名の翼」と「Simpatia」 が好みかな… 応援歌系では、 「疾走論」と「Fly Away」 かな… カッコイイ歌声系では、 「共鳴のTrue Force」 かな…ロックで、かつ、伸びがあり艶のある高音部分の歌声の魅力が、 力強く発揮されていて、カッコよく、パワフルかつ、心地いい。 カッコイイ歌声系&恋心系では、 「Burnt Red」と「Anicca」 …特に「Burnt Red」はディスコ系電子音楽系を基調にしつつ、 ロック要素も混ざっていて、という歌声以外の部分も、 カッコよかったね… そして、あと…恋心系だけど、 「Once」 は、全14曲の中で、この曲だけ、 男の子の気持ちを男の子系の歌声で歌った歌だったな、 という部分で印象に残った感じ… それ以外の曲も、そこそこよかったし…何だかんだで、 全体的に、いい感じに、バランスよく仕上がっているアルバムなのかな、 と。 今後も、折りに触れて、繰り返し聴いて、楽しめればいいかな、 と思っています。

♂猫Junn-Junn さん | 東京都 | 不明

0

アニソン/声優/ボカロ に関連する商品情報

おすすめの商品