日中韓を振り回すナショナリズムの正体

半藤一利

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784492061930
ISBN 10 : 4492061932
フォーマット
出版社
発行年月
2014年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
252p;19

内容詳細

“憎悪の連鎖”をどうやって断ち切ればいいのか。“自虐史観”“居直り史観”を共に排して、歴史を直視すれば、解決の道は見えてくる―。「気づいたら戦争」にならないための“本物の愛国者”入門。

目次 : プロローグ 「国家ナショナリズム」が「庶民ナショナリズム」を駆逐する/ 第1章 現代日本のナショナリズムが歪んだ理由/ 第2章 近代史が教える日本のナショナリズムの実体/ 第3章 中国と韓国の「反日感情」の歴史背景/ 第4章 現代の中国および韓国のナショナリズム/ 第5章 将来に向けての日本のナショナリズム

【著者紹介】
半藤一利 : 昭和5年(1930)、東京生まれ。東京大学文学部卒業後、文藝春秋入社。「週刊文春」「文藝春秋」編集長、専務取締役などを経て作家。「歴史探偵」を自称。『漱石先生ぞな、もし』(正・続、新田次郎文学賞)、『ノモンハンの夏』(山本七平賞)、『昭和史戦後篇』(毎日出版文化賞特別賞)など著書多数

保阪正康 : 昭和14年(1939)、札幌市生まれ。同志社大学文学部卒業後、出版社勤務を経て、ノンフィクション作家。昭和史の実証的研究を志し、のべ4000人もの関係者たちを取材して肉声を記録してきた。個人誌「昭和史講座」を主宰。2004年、一連の昭和史研究で菊池寛賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • かんちゃん さん

    半藤さん並びに保阪さんは、戦争についての読書量、知識量、経験値は凄いですね。特に、第二次世界大戦以来70年にわたり戦争をしていない日本が、世界的にはそのことで評価され信頼を得ている、かつそれが一種のブランド価値だという行に考えさせられた。今年は戦後70年ということで戦中戦後の本を自分なりに意識して読んできた。まだ自分なりの答えは出ていないが、本書を読めたことは良い勉強だった。

  • matsu04 さん

    半藤さんも保阪さんも「中国びいきでも韓国びいきでも何でもない。歴史的事実を言っているだけだ」と繰り返しているが、現状を憂慮している気持ちはよく伝わってきた。

  • 成田雄一郎 さん

    このところの日韓、日中関係の報道や政府の姿勢、外交に対して、なんだか嫌だなあとずっと一人思っていました。しかし読了後、心にあったモヤモヤが晴れスッキリした気分になりました。生意気な書き方かもしれませんが、私が思っていた感じていたことが、このお二人によって見事に表されていました。半藤さんと保阪さんにありがとうございますと感謝申し上げたいです。

  • だろん さん

    戦中戦後を国民として生きオピニオンとして俯瞰されたご両人のかたる史実を拝読することはネトウヨと呼ばれる方々にとってとても有意義なことだと思う。 ただ、安倍総理をポピュリスト・煽動的ナショナリストと前提し、ネット批判で論じるのは片肺的に感じる。 現状の問題は大きくは冷戦終了、そして反動を生んだ侮日的かつ日本人差別の教育・行政・マスメディア、民主党政権、根底にはC層を増やした史上空前のデフレにあるように思う。 マスメディアがナショナリズムを煽動するとあるが、今の雰囲気はマスメディアへの反動でもある。

  • 344 さん

    勉強不足、視野の狭さを思い知り、恥ずかしい限り。ここしばらく、指導者たちのお粗末さを扱った本ばかり読んでいたように思う。それはもちろん大切なんだけど、バランスを欠いていた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

半藤一利

1930(昭和5)年に東京府東京市向島区(現在の東京都墨田区)で生まれる。勉強よりもメンコやベエゴマ、すもうに熱中する悪ガキ少年で、東京府立第七中学校(現在の都立隅田川高校)に入学するが、成績は300人中200番台であった。中学2年生で東京大空襲にあい、その後東京をはなれ父のふるさとの新潟県長岡で終

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品