憲法を百年いかす

半藤一利

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480843159
ISBN 10 : 4480843159
フォーマット
出版社
発行年月
2017年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
272p;19

内容詳細

目次 : 第1話 「日本国憲法七十年」に思うこと(わたしの立場/ わたしの日本国憲法 ほか)/ 第2話 近代日本と軍事(五日市憲法ふたたび/ 明治憲法とは何だったのか ほか)/ 第3話 戦後と軍事と自民党(明治憲法の問題点/ 改憲論者がのぞむもの ほか)/ 第4話 新憲法はいかにして生まれたか(歴代首相は憲法をどう語ったか/ 憲法の長さ ほか)/ 第5話 九条を明日につなげるために(安倍総理は戦後全否定か/ 井上達夫氏の九条削除論 ほか)

【著者紹介】
半藤一利 : 1930年、東京・向島生まれ。作家。東京大学文学部卒業後、文藝春秋入社。「文藝春秋」「週刊文春」の編集長を経て専務取締役。同社を退社後、昭和史を中心とした歴史関係、夏目漱石関連の著書を多数出版。主な著書に『昭和史』(平凡社 毎日出版文化賞特別賞受賞)、『漱石先生ぞな、もし』(文春文庫 新田次郎文学賞受賞)等がある

保阪正康 : 1939年、北海道生まれ。同志社大学文学部卒業。日本近代史、とくに昭和史の実証的研究を志し、歴史の中に埋もれた事件・人物のルポルタージュを心がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 鍵盤の上で指を踊らせる詩人 さん

    日本の憲法の戦争放棄を幣原喜重郎が発案したことがこの本に書かれていた。今の憲法9条は日本を戦争できる国にしないための大切な歯止めになっていると思った。 共謀罪は国民のメールを片っ端から見る事ができる内容も含まれてると知り、共謀罪を前よりも一層強く廃止すべきだと思った。 日本を戦争できる国にして、安倍政権の言う事に国民が何でも従い、不満を言わないで(国民の思想や表現の自由や人権を奪い)、国民が国のために精一杯働く日本にしようとしているように感じるので、今の政治を恐ろしいと思う。

  • セパック ボラ さん

    憲法、特に九条についての考え方が大きく変わった。GHQの押し付け憲法では決してない。私たちの大事な憲法に愛着が湧いてきた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

半藤一利

1930(昭和5)年に東京府東京市向島区(現在の東京都墨田区)で生まれる。勉強よりもメンコやベエゴマ、すもうに熱中する悪ガキ少年で、東京府立第七中学校(現在の都立隅田川高校)に入学するが、成績は300人中200番台であった。中学2年生で東京大空襲にあい、その後東京をはなれ父のふるさとの新潟県長岡で終

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品