占領下日本

半藤一利

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480857910
ISBN 10 : 4480857915
フォーマット
出版社
発行年月
2009年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,450p

内容詳細

新生日本のグランド・デザインをめぐる国内の相克がGHQ内部の権力闘争と絡み合い、未だに多くの謎と未解決事件を孕んだまま過ぎ去ろうとしない、現代日本を呪縛する「占領下」の出来事の深層に踏み入る1冊。

【著者紹介】
半藤一利 : 1930年生まれ。作家。東京大学を卒業後、文藝春秋に入社し、雑誌・書籍の編集に携わる。1994年、退社

竹内修司 : 1936年生まれ。東京外国語大学を卒業後、文藝春秋に入社し、雑誌・書籍の編集に携わる。2000年、退社。文教大学情報学部教授を経て、現在はフリー

保阪正康 : 1939年生まれ。評論家。同志社大学卒業

松本健一著 : 1946年生まれ。東京大学卒業。現在は麗澤大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • katakuli365 さん

    座談で読み易い。特に第十章の”日本人民共和国”成立の可能性を緊張して読んだ。朝鮮半島やベトナムが分断の事実からも十分有り得たと思う。関東、中部、近畿はアメリカ、北海道、東北はソ連とか。原爆もトルーマンとスターリンの交渉戦略か。昭和27年4月28日占領終了。日米安保条約、日米地位協定と現政権が取り組む戦後処理課題も多い。 http://www.youtube.com/watch?v=gwZUK7xqBhM http://www.youtube.com/watch?v=gVFT_LoM144(本書と関係無し)

  • Gen Kato さん

    資料として、読みはじめたつもりがおもしろすぎて我を忘れて読みふけってしまった。安保法制や日本国憲法を論じるならば避けては通れない占領時代。いささか食い足りない、というより納得できなかったのは『日本の黒い霧』の章ですかね。いわゆる「全体の構図」は、各部の検証がずさんなことですでに壊れているように思うんだがなあ…

  • AnmitsuK (うろ覚えムーミン) さん

    戦後、GHQ管理下の元に置かれた日本の姿を回想する本。著者四人の対談の中で一人ひとりのリアルな体験談が頻出し、年表やデータを載せた資料本だけでは分からない、当時の世情が伝わってくる。「玉音放送を聞いて終戦を喜んだのは戦前からのマルクス主義者などごく一部で、大部分の国民は失意と絶望に沈んでいた」など、興味深い内容多し。特に、「敗戦が決まった二日後、米兵相手の慰安婦施設を作ることが閣議決定された」というのにはぶったまげた(笑)

  • Riopapa さん

    7年に及ぶ占領下で日本がどれだけ世界情勢の変化に翻弄されたかがよく分かった。教科書では、この時代の辛さが伝わってこない。それにしても昭和天皇は素晴らしい。

  • カットマン さん

    各テーマについて、冒頭に「資料」という形でブリーフィングがあり、討論に入るシンポジウム形式。詳しい歴史を知らなくとも議論に入り込みやすい。歴史とは年表ではなく、人々がどうそれらを考えていたか、ということに尽きるのではないか。日本がOccupied Japanと呼ばれた時代に想像力を与えてくれる、いい本だと思った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

半藤一利

1930(昭和5)年に東京府東京市向島区(現在の東京都墨田区)で生まれる。勉強よりもメンコやベエゴマ、すもうに熱中する悪ガキ少年で、東京府立第七中学校(現在の都立隅田川高校)に入学するが、成績は300人中200番台であった。中学2年生で東京大空襲にあい、その後東京をはなれ父のふるさとの新潟県長岡で終

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品