ゴッホを旅する

千足伸行

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784846014582
ISBN 10 : 4846014584
フォーマット
出版社
発行年月
2015年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
223p;20

内容詳細

人間として、画家として―善意の人、敬虔なプロテスタント、弱者に寄り添うヒューマニスト、オランダ伝統の清教徒、情熱的な理想主義者…多くの顔をもつゴッホが生涯をかけて描き、訴えたかったのは何だったのか。肖像画・風景画・静物画・デッサンほか作品世界を一望し、遺された膨大な書簡も繙きつつ、その芸術と心の旅路をたどる本格評論。

目次 : 1章 初期の名作“馬鈴薯を食べる人達”とその周辺(ゴッホと農民画/ 図像的源泉/ リアリズムと精神性)/ 2章 多彩な自画像と描かれたパイプの謎(自画像とその周辺/ ゴッホにおける肖像画と自画像/ パイプの謎)/ 3章 リアリズムの表象としてのモチーフ“古靴”(ゴッホと静物/ モチーフとしての靴/ 描かれた靴/ ゴッホのリアリズム/ ゴッホの古靴/ 二つの議論/ この世の旅人)/ 4章 “烏の群れ飛ぶ麦畑”が暗示する“心の北帰行”(“終焉の地”オーヴェールのゴッホ/ 凄絶なゴッホの遺言状“烏の群れ飛ぶ麦畑”/ その画面形式について/ ゴッホにおける麦畑/ 烏=死の予感?/ 諸家の解釈/ ゴッホの北帰行)/ 5章 “アルルのはね橋”ほかの「橋づくし」(橋さまざま/ 印象は以前の橋/ 印象派の橋/ “アルルのはね橋”とその周辺)/ 6章 魂の独白としてのゴッホのデッサン(デッサンの芸術/ デッサンへの道/ 魂のモノローグとしてのデッサン)

【著者紹介】
千足伸行 : 美術史家、成城大学名誉教授。1940年東京生まれ。東京大学文学部卒業後、TBS(東京放送)を経て国立西洋美術館に勤務。1970〜72年、西ドイツ(当時)政府給費留学生としてミュンヘン大学に留学。主にドイツ・ルネサンス美術を学び、帰国後、国立西洋美術館に復帰。1979〜2011年、成城大学に勤務、現在は広島県立美術館館長。ヨーロッパ近代、特に世紀末美術を専門とし、多くの展覧会も企画(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • miupink さん

    『人にしろ、物にしろ、内面と外見とはひとつにつながっているのであって、対象の現象(外面)をとらえることは、その本質(精神)をとらえることでもある。』

  • ゆうゆう さん

    ゴッホは明るい色彩メインの印象で、「生」というか「命」というか、とても生きているという明るさを持つ作品の人の印象。生前絵が売れないとか、ゴーギャンとの生活が破綻した絶望とか、そんなことより、絵に使われた色合いからは、生きている事が総てのような色で、図像的な意味合いよりも、ただ、そこに対象があるから書いただけそんなストレート作品なんだろうなと思った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品