図説 アルプスの少女ハイジ 『ハイジ』でよみとく一九世紀スイス ふくろうの本

千葉香織

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309762074
ISBN 10 : 4309762077
フォーマット
出版社
発行年月
2013年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
127p;22

内容詳細

感動の名作の歴史的背景を探り、物語の名場面が新たな解釈でよみがえる。ハイジを愛するすべての人に贈る、永久保存版!!

目次 : 第1章 『ハイジ』という物語(アルムの山へ/ 牧場で/ フランクフルト/ ゆうれい騒動/ お医者さま/ クララの訪問)/ 第2章 受け継がれる『ハイジ』/ 第3章 ヨハンナ・シュピーリ

【著者紹介】
ちばかおり : 福岡県柳川市生まれ。児童書を中心に編集、執筆に携わるかたわら、海外児童文学およびテレビアニメシリーズ『世界名作劇場』を研究している

川島隆 : 京都府長岡京市生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学、博士(文学)。ドイツ文学を専門とするかたわら、世界の市民メディアを研究している。第九回日本独文学会賞(日本語研究書部門/2011年)、第八回日本オーストリア文学会賞(単行本部門/2012年)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ナディ さん

    久しぶりにハイジの世界に足を入れたが、解説に出てきた『秘密の花園』が気になってしまった。福音館書店版のハイジと秘密の花園を読み返したくなってしまった。

  • スノーマン さん

    本物のツウにはどうかわからないけど、にわかハイジファンの私にとってはトリビアづくしの面白い情報ばかりやった。作者について、そして19世紀のスイスについても、全く知らないことばかり。愛される物語には理由がある。それぞれの心のハイジのイメージは少しずつ違えども、ハイジの純粋さや人間としての賢さは昔も今も変わらず人を惹きつけるんやなぁ。

  • Takeya さん

    永遠の名作「アルプスの少女ハイジ」。原作を丁寧にたどり、歴史的背景をよみとき、作者シュピーリの生涯も解説する永久保存版! ヨーロッパの可愛い挿絵満載!

  • 本夜見 さん

    NHKを見てたら、100分で名著『アルプスの少女ハイジ』を放映してたので図書館借り。原作の流れを追いながら、登場人物を掘り下げ、物語の時代背景・歴史・地理など詳しく説明してくれている。そして作者ヨハンナ・シュピーリ(私の子供時代にはスピリっていってたような??)の生い立ち・生涯を紹介し、19世紀のスイスの時代背景を読みといています。作者を知って物語を振り返ると……あんまり幸せそうな物語には思えない。無邪気なアニメだけ見てた方が良かったような?!……もう一度原作読み直してみようと思いました。

  • tiny-candy さん

    アニメの「ハイジ」が大好きで原作は未読。おじいさんやペーター一家の説明が有難かった。当時のスイスやドイツの事情、ヨハンナ・シュピリの生涯なども興味深く楽しく読めた。このシリーズの魅力である、豊富な図版や写真が素晴らしく大満足な一冊でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品