Blu-ray Disc

Dolls[ドールズ]

北野武

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BCXJ1276
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
Blu-ray Disc

内容詳細

悲恋の物語「冥途の飛脚」の主人公、梅川と忠兵衛。何かをささやくような二体の人形の視線の先に――。
 一本の赤い紐につながれ、あてもなくさまよう男と女。迫り来る死期を感じ取った老境のヤクザと、彼をひたすら待ち続けるひとりの女。事故で人気の絶頂から転落したアイドルと、それでも彼女を慕い続ける孤独な青年。三つの物語が交錯し、四季折々の愛の物語を紡ぎだす。

 かつて幸せな恋人同士だった佐和子(菅野美穂)と松本(西島秀俊)。しかし松本は、親が決めた社長令嬢との結婚のため佐和子を捨てる。挙式当日、裏切られた佐和子の自殺未遂の報が届く。佐和子のもとに駆けつけた松本が見たのは、自分自身をも失ってしまった佐和子の姿だった・‥。すべてを失った男と女。互いを赤い紐でつないで、ふたりはあてどなく彷徨い続ける。
 ヤクザの世界で頂点までのし上がった男(三橋達也)には、その昔、自ら選んだ道を突き進むために愛する女と別れた過去があった。忍び寄る死を予感したその男は、彼女と過ごした思い出の公園へ向かう。そこでは、ひたすら約束の場所で愛する人を待ち続ける良子(松原智恵子)の姿があった…。
 アイドル歌手として人気絶頂期に交通事故に遭遇、心身とも深く傷つき、外界からの接触を絶って生活を送る春奈(深田恭子)。その春菜にデビュー当時から盲目的なまでの愛情を寄せる温井(武重 勉)は、彼女の心情を察し自らの手で両目をつぶす。そして、春奈の元へと向かう…。

北野武監督の10作目。3組の男女による、純粋であるがゆえに残酷な愛の形が人形浄瑠璃、文楽の視点から語られる。山本耀司の衣装、四季の彩りなど、色にこだわった作品。(CDジャーナル データベースより)

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
北野映画にいろいろな脈略を求めても無駄で...

投稿日:2008/07/03 (木)

北野映画にいろいろな脈略を求めても無駄でしょう。それなら違う映画を観れば良いわけで。

ハーコー さん | 日本 | 不明

0
★
★
★
★
☆
綺麗は綺麗なんだけどそんなに良かったかな...

投稿日:2008/03/10 (月)

綺麗は綺麗なんだけどそんなに良かったかなぁって思いました。すいませんでしたっ。

たきい さん | きみどり市 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
とりあえず死にゃぁ話にオチがつく、みたい...

投稿日:2004/06/06 (日)

とりあえず死にゃぁ話にオチがつく、みたいなのは納得できません。崖にピョコンと生えた木に引っ掛かるなんて「ギャグまんがみたい!」と思ったのは僕だけ?文楽に何かモチーフとなるものがあったんでしょうか。映像には相変わらず気合を感じるだけに残念な気がします。

b さん | 日本 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

北野武

1972年浅草フランス座へ入り芸人を目指す。順風満帆ではなかったものの、1972年には、ビートきよしとともにツービートを結成、その4年後には空前の漫才ブームが訪れた。そして1981年、あのYMOも出演した伝説のお笑い番組“オレたちひょうきん族”がスタートする。たけちゃんマンのナハナハ&コマネチで、時代をリードした。その後レコード・デビューや、1983年には大島渚監督作品“戦場のメリークリスマス”に

プロフィール詳細へ

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

邦画 に関連する商品情報

おすすめの商品