ニッポン犯罪狂時代 扶桑社文庫

北芝健

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594060275
ISBN 10 : 4594060277
フォーマット
出版社
発行年月
2009年08月
日本
追加情報
:
16cm,239p

内容詳細

日本の犯罪がどんどん高度化し、悪質化・凶暴化の一途を辿っている。犯罪が低年齢化し、そのうえ国際化も進んでいる。頻繁に起こる凶悪事件の報道に接しながら、生活に不安を覚える市民も多い。急激に増えてきたサイバー犯罪や、オレオレ詐欺、あるいは北朝鮮がらみの犯罪、子供を狙った性犯罪。そんな日本の犯罪の実態について元警官の著者が過激にぶちまける。

目次 : 民の生命を護れない激甘の少年法はさらなる改正へ/ 公安警察の謎、ちょっとだけ教えます/ ネットの向こうであなたを狙う者たち/ 不良外国人は絶対に水際で阻止/ 人権派が日本を犯罪国家にした/ ピンクサロンが衰退した理由/ ホントの鬼畜なら迷わず死刑にしろ!/ 経済マフィアに変貌した暴力団/ 幼児を狙う変質者は徹底管理せよ/ 殺人ドライバーに正義の鉄槌を/ うそ発見器はうそを発見できるのか/ 北朝鮮のマネーロンダリングを討て/ アンチ警察ジャーナリズムを斬る

【著者紹介】
北芝健 : 犯罪学および国際関係論の講師として、教壇に立つ。警視庁時代は私服捜査官、刑事警察、公安警察の捜査に従事。現在、学術社団日本安全保障・危機管理学会顧問講師。ほかに漫画原作者、単行本作家、エッセイスト、空手道場主宰等の顔を持つ。各部署の警察官たちと研究会を行う。早稲田大学卒。沖縄剛柔流空手六段。著者多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • jetcity さん

    さかきばらネタあり

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

北芝健

東京都生まれ。元警視庁刑事。祖父は外科医、父は内科医、母は小児科医という医師の一家に生まれる。早稲田大学卒。在学中に1年間英国居住。商社勤務を経て警視庁に入庁し、地域警察(交番等)、刑事警察(盗犯、暴力犯、強行犯等)、公安外事警察(防諜、外国人犯罪、テロ対策、情報調査等)の捜査に従事。沖縄剛柔流空手

プロフィール詳細へ

北芝健に関連するトピックス

  • 元警視庁刑事の北芝健が警察の内情を暴露 警察、ヤクザ、公安、スパイなどの実情を明かすノンフィクション『日本で一番危ない話』。警察学校の過酷な訓練、ぼったくり... HMV&BOOKS online|2015年05月13日 (水) 13:00
    元警視庁刑事の北芝健が警察の内情を暴露

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品