inubot回覧板

北田瑞絵

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594082734
ISBN 10 : 4594082734
フォーマット
出版社
発行年月
2019年08月
日本
追加情報
:
144p;22

内容詳細

TwitterやESSE onlineの連載が大人気!気鋭のフォトグラファー北田瑞絵が写真と文で切り取る、犬との暮らしの風景。

目次 : 夏―柴犬が家にやってきた!名づけに込めた思い/ 夏―犬がいてくれて、苦手な夏が好きに変わった/ 夏―犬よ、来てくれてありがとう。ささやかなパーティは続く/ 秋―自由すぎる犬の寝相。思わず時間を忘れます/ 秋―秋がめぐってきた。柿、イチョウ、そして犬/ 冬―いつか変わってしまう写真の役割のこと/ 冬―犬と過ごしたお正月。いい年になりそうです/ 冬―コタツで寝ていたら、横に犬/ 番外編―犬を甘やかすと同時に甘やかされて/ 春―この春は犬を見習って五感を働かせたい/ かけがえのない毎日の散歩。今日はどこ行く?/ 3日入院して帰ってきたあと、犬が取った行動

【著者紹介】
北田瑞絵 : 1991年和歌山生まれ。バンタンデザイン研究所大阪校フォトグラファー専攻卒業。2016年にポートフォリオ「一枚皮だからな、我々は。」で、塩竃フォトフェスティバル大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぶっくみん さん

    ツイッターで写真はいつも見ていたけど、エッセイ集が発売されると聞いてすぐ本屋さんへ。エッセイは初めて読んだけど、心がぐっと、じわじわとあったかくなるような内容だった。 わたしも猫を飼っているから、種類は違っても愛しいことには変わりない。北田さんから、北田さん一家から犬への愛情と、犬からの愛情とがぎっしり詰まってる。泣けはしなくても、心が動く。 感動した!!!っていうより、感動した、、、、、っていう感じ(笑) これからもエッセイは続くらしいから、続編出るかしら♡楽しみだなあ♡

  • ねむい さん

    作者の「うちの犬大好き!」という気持ちがひしひしと伝わってくる本。家族しか見れない、犬の喜怒哀楽や気の抜けた格好を写真で見ることができて楽しい。 自分も犬を飼ってるけど、犬に対する考え方は作者の母に近いかな。

  • まここ さん

    いつもツイッターに投稿されている犬くんの表情や生活が「犬としての人生(?)満喫してる!」って感じで本当に可愛らしくて大好きなのですが、北田さんご一家もまた「犬とともに生きる生活」を満喫していらっしゃるんだなぁと改めて感じて、あたたかな気持ちになりました。愛犬と一緒に過ごしているときのふとした幸福感や優しい気持ちが、この本には溢れています。できるだけ長く、できることならばいつまでも、こんな気持ちでいたいなぁ。そんなふうに思える写真とエッセイでした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

北田瑞絵

1991年和歌山生まれ。バンタンデザイン研究所大阪校フォトグラファー専攻卒業。2016年にポートフォリオ「一枚皮だからな、我々は。」で、塩竃フォトフェスティバル大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品