吉祥寺物語 こもれびの夏

北沢秋

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309024035
ISBN 10 : 4309024033
フォーマット
出版社
発行年月
2015年08月
日本
追加情報
:
534p;20

内容詳細

『哄う合戦屋』『奔る合戦屋』『翔る合戦屋』で、シリーズ累計50万部を超えるヒットを記録した北沢秋が描く、初の青春小説。1965年の吉祥寺を舞台にきらめく青春物語が幕を開ける。

【著者紹介】
北沢秋 : 東京都生まれ。東京大学工学部卒業。自動車メーカーでの会社員生活を経て、2009年に『哄う合戦屋』(双葉社)にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    合戦屋シリーズ3部作は既読です。今回、北沢秋、初で最後?の青春小説を読みました。55年前(高校時代)から書き始めた作品が合戦屋シリーズが売れたことにより陽の目を見たようです。著者は二世代上なので何とも言えませんが、全てに恵まれていて(家が金持ち、レベルの高い付属校、ルックス・運動神経・頭良し、彼女あり、友達に恵まれている)、こんなに初心な主人公がいるのかなぁというのが率直なところです。羨ましい限りですが・・・最終章で何とか締めた感じです。やっぱり北沢秋は歴史小説の方が良いと思いますので、次回作に期待です。

  • こうちゃ さん

    1965年の吉祥寺を舞台にした青春小説。主人公の川瀬は、深い孤独を抱きながら水泳に没頭し頭角を現す。一方では、自分への自身の無さから好きな人に素直な態度がとれず・・・。長い、とにかく長い。盛り上がる場面もあるのだけれど、そんなことで吹っ切れるの!?と、川瀬たちの普段の軽口の応酬のようにツコッミを入れたくなる。あとがきを見ると、第一稿を書き上げたのは、著者が高校三年・55年も前のことだという。う〜ん。どうなんだろう。ここまでの長さいる?

  • びすけっと さん

    2015年8月刊。おそらく書き下ろし。お気に入りさんつながり(と思います)。戦後第一次ベビーブーム世代で経済的地位の高い坊ちゃんお嬢さんの高校生活物語。相応の学力を持ちながらも敵対せずに高め合うことができるし、ウイットに富む会話が飛び交う仲間がとてもうらやましい。主人公・川瀬の孤独感と恋愛感情の揺れ動きをわたしはとても楽しめました。ガールフレンドのマコを亡くさなくても良い作品だったのではと思うのですが、いかがでしょう。著者が長い間温めて、笑いの要素を多く取り入れたところも楽しめました。

  • sai さん

    家庭環境のため、深い孤独を心に抱きながら水泳に没頭する川瀬は、あるきっかけから友人の誕生日のパーティに呼ばれる。そこで出会った北原佳津子に惹かれていくのだが…。1960年代の吉祥寺を舞台にした青春小説。

  • ら゛ さん

    本日2冊目。北沢秋らしくない作品にビックリ!♪ただ時代設定が1960年代だし、詩とか俳句とかちょっと古めかしいのが北沢作品らしいな〜(苦笑)。ただ、かなり若い頃に書いた作品らしく、ストーリー展開は普通〜。しかも唐突なラストにビックリ!この展開でただハッピーエンドだったら、逆に印象深いんだが、やはりぶちこんできましたな〜(苦笑)。たまにならこういう作品を読んでも良いが、あまりに普通過ぎるストーリー展開にビックリでしたね!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

北沢秋

東京都生まれ。東京大学工学部卒業。自動車メーカーでの会社員生活を経て、2009年に『哄う合戦屋』(双葉社)にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品