継承される物語 ソード・ワールド2.5リプレイトライ 富士見ドラゴンブック

北沢慶

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784040733326
ISBN 10 : 4040733320
フォーマット
出版社
発行年月
2019年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
382p;15

内容詳細

魔動機文明アル・メナス。かつて栄えた文明の裏側、その失われた文化を解き明かす冒険に出よう!歴史研究者の依頼主から渡された古びた書物を追って、遺跡に辿り着く。そこには、書物を巡る祭典の痕跡が…?そしてさらには仮想世界の遊戯大会も!?どこかで見た娯楽の数々が冒険者に立ちはだかる!「アルフレイム大陸」の冒険を斬新な切り口で描いたリプレイが登場。4人のGMがリレー形式でバトンを繋ぐシナリオは、予想外の展開へ…?

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 水無月冬弥 さん

    #TRPG 自由度が高いのが、TRPGの面白さのひとつだけど、公式なのに大丈夫なの? というネタのオンパレードにびっくりしました。面白いからいいんだけど。個人的には第1話が好きです。やりたい放題なので

  • barcarola さん

    タイトルの通りリレーリプレイ。「トリプルクラウン」が面白かったので本作も期待大だったのだが……はじめの秋田GMの章がまず、あまり楽しめず。いや、つまりそちら方面の知識・経験(体験?)が無いもので。GMって気楽にできるものだよという例示なのだろうが、だとすればもっと万人向けにしてほしかったというのは、後に続く章も含めての感想。

  • sayaendoutype さん

    ソードワールドって剣と魔法のファンタジーだから、世界観をしっかり理解してイベントつくりこんでGMをやりなきゃいけない……そんなことを思っている人がいれば、その概念をぶち壊してくれるリプレイです! GM4人がリレー方式で入れ替わりながらGMをやっていくのですが、その一発目がとんでもない。 コ◯ケを元にしたシナリオです。 それに触発された他のGMたちも次々とトンデモシナリオをつくっていき……というような内容で、よく公式がこれをやってくれたな……と感心いたしました 。

  • ちゃか さん

    バージョンアップした事もあるし、GMをやるのは楽しいよ! ゆるくてもいいんだよ! と見本を示すキャンペーン。 アルフレイム大陸で魔動機文明の遺跡を探索する、新人冒険者たちのリプレイなんですが……いやぁ、楽しかったですね。 自由極振りな感じで。『トリプルクラウン』は傑作ながら、三題の制約もあったので、今回はお題抜きでもっととっつき易い部分を描こうという趣旨だったと思うのですが。 GM達がそれぞれの「好き」を盛り込んで、自分たちでハードルを上げて行ったような。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

北沢慶

創作集団グループSNEに所属する小説家、ゲームデザイナー。普段はテーブルトークRPG「ソード・ワールド」関連の製作指揮、若手の育成などをしつつ、自身の原稿も執筆する三児の父(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品