ソード・ワールド2.0 ラクシアゴッドブック 富士見ドラゴンブック

北沢慶

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784040723136
ISBN 10 : 4040723139
フォーマット
出版社
発行年月
2017年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
382p;15

内容詳細

世界に大いなる加護をもたらす存在、それこそが人族・蛮族を問わず、信仰の対象となる“神”だ。本書ではラクシアの46柱にも及ぶ、それぞれ個性的な神々を物語形式で紹介しており、世界観を深めている。また、信仰が可能な37柱の神聖魔法を総覧し、ゲーム環境を補完。さらには神々に関係の深い新種族や新装備を掲載し、ソード・ワールド2.0の遊びの幅を広げる内容となっている。さあ、本書を手にして、神々の威光をラクシア世界にあまねく行き渡らせるのだ!

目次 : 第1部 キャラクター(センティアンの神官)/ 第2部 語り継がれる神話(神話概説/ 時系列と相関図/ 「原初の神」 ほか)/ 第3部 ラクシアの神々とその魔法(ラクシアの神々/ 神の力と影響圏/ 信仰と神聖魔法の効果 ほか)/ 第4部 アイテム(アイテム/ 近接武器リスト/ カテゴリ“矢弾” ほか)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちゃか さん

    ラクシア世界における神々について記された一冊。 新種族として、神の使命を受けて受肉した彫像の種族である「センティアン」が登場。 神から与えられた使命を果たすと彫像の姿に戻るとされている種族で、使命を与えた神のプリースト技能を取得するとか。 また、一風変わったデータが追加されたなぁ、って感じですけど。 神々がどの剣によって神格を得たのか。いつ頃神格を得たのかが一目でわかる時系列表とか。 神々の相関図とかもあって中々楽しい。

  • まふ さん

    文庫サイズでまとまってくれるの助かる

  • 刻猫 さん

    神話と今が繋がっているファンタジー世界というのはいいものだね。語り継がれたものだから、真実と願いが混じりあうバランスを考えながら。

  • はつかねずみ さん

    名前の通り、SW2.0における神話及び教義や特殊神聖魔法の紹介を中心としたデータブック。 また、神族に関係する新種族とアイテムの追加もあるし、神話パートは神族の背景を語るものとしてはそれなりの読み応えがあるし、いろんな意味で面白かった。 惜しまれるとしたら、追加した神が多すぎたからか、特殊神聖魔法が掲載できなかったものがいくつかあったことかな……まあ、自作の余地が大いに残されたと思えば悪いことでもないんだけど。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

北沢慶

創作集団グループSNEに所属する小説家、ゲームデザイナー。普段はテーブルトークRPG「ソード・ワールド」関連の製作指揮、若手の育成などをしつつ、自身の原稿も執筆する三児の父(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品