衣裳術 2

北村道子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784898154977
ISBN 10 : 4898154972
フォーマット
出版社
発行年月
2018年12月
日本
追加情報
:
187p;23

内容詳細

バカでいい。おもしろいほうがいい。スタイリストを自称しない、日本を代表するスタイリストの型破りで、刺激的な仕事術。俳優34人+写真家6人との10年のコラボレーション。写真多数+録り下ろしインタビュー。

目次 : 窪塚洋介/ 松田龍平/ 安藤政信/ 新井浩文/ 芦名星/ 安藤サクラ/ 田中哲司/ 水原希子/ 余貴美子/ 片岡礼子〔ほか〕

【著者紹介】
北村道子 : 1949年、石川県生まれ。サハラ砂漠やアメリカ大陸、フランスなどを放浪ののち、30歳頃から、映画、広告、雑誌等さまざまな媒体で衣裳を務める。映画衣裳のデビューは85年、『それから』(森田芳光監督)。07年に『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』(三池崇史監督)で第62回毎日映画コンクール技術賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • TOMYTOMY さん

    前、トークショーを聞いて沸々と北村さんへの興味が戻ってきた。

  • 野乃子 さん

    『衣装に使うのは5原色』のうち白黒に続き必須であると『衣裳術』に於いて本人が話していた赤い色による、リトルモアらしい遊び心あるデザイン。 写真家は前回から引き続きの高柳さんに加え彼女の意図を楽しく汲み取る素晴らしい面々。 また起用される役者の人選もおもしろく、よりアートブックとしても楽しめる上質な本になっている。

  • kawauso さん

    月並みな言葉だけど、死ぬほどかっこいい。この人のインタビューを読み、スタイリングを見ると、凶暴でしなやかで、美しい獣みたいだと思う。絶対にこうなることはできないと絶望的な気分になる一方、同じ時代を生きていることが嬉しく、遠くに見える氏の背中を追っているような気分だ。

  • 葛 さん

    2018年12月13日初版第1刷発行 著者:北村道子 フォトグラファー:鈴木親、高柳悟、鶴田直樹、富永よしえ、大森克己、荒井俊哉、北村道子(撮影協力・TAKAMURADAISUKE) スペシャル・サンクス:五十嵐淳之、佐藤英樹、門間雄介、伊東道生、石川ひろみ ブックデザイン:大森修、森谷崇識(thumb M) 編集:加藤基 発行人:孫家邦 発行所:株式会社リトルモア 印刷所:株式会社八紘美術 製本所:加藤製本株式会社

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

北村道子

1949年、石川県生まれ。サハラ砂漠やアメリカ大陸、フランスなどを放浪ののち、30歳頃から、映画、広告、雑誌等さまざまな媒体で衣裳を務める。映画衣裳のデビューは85年、『それから』(森田芳光監督)。07年に『スキヤキ・ウエスタンジャンゴ』(三池崇史監督)で第62回毎日映画コンクール技術賞を受賞した(

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品