北村薫と有栖川有栖の名作ミステリーきっかけ大図鑑 ヒーロー&ヒロインと謎を追う! 第3巻 みごとに解決!謎と推理

北村薫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784284700900
ISBN 10 : 4284700901
フォーマット
発行年月
2016年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
47p;31

内容詳細

暗号解読、仮説と検証、真実を手に入れるのは誰だ!カッレくん(名探偵カッレくん)、ルグラン(黄金虫)、エイプリル(スイート・ホーム殺人事件)、神津恭介(人形はなぜ殺される)ほかのヒーロー&ヒロインを紹介。

目次 : カッレ・ブルムクヴィスト『名探偵カッレくん』/ ロイ・ブラウン『少年たんていブラウン』/ ウィリアム・ルグラン『黄金虫』/ バーンリー『樽』/ ロジャー・シェリンガム『毒入りチョコレート事件』/ ロレンス・ウォーグレイヴ『そして誰もいなくなった』/ キャロル・リッチマン『幻の女』/ エイプリル・カーステアズ『スイート・ホーム殺人事件』/ サリー・ボーイン『七人のおば』/ ニッキイ・ウェルト『九マイルは遠すぎる』/ ジャイルズ・カーベリー『ジェミニー・クリケット事件』/ ヴィクター・ハント『星を継ぐもの』/ 半七『お文の魂』/ 矢島『アンゴウ』/ 神津恭介『人形はなぜ殺される』/ 利権屋『おーい でてこーい』/ センセー『天狗起し』/ 権藤教頭『サボテンの花』

【著者紹介】
北村薫 : 1949年、埼玉県生まれ。高校で国語を教えるかたわら、89年、『空飛ぶ馬』でデビュー。91年、『夜の蝉』で日本推理作家協会賞。93年から執筆活動に専念。2009年、『鷺と雪』で直木賞受賞

有栖川有栖 : 1959年、大阪府生まれ。書店勤務を経て、89年、『月光ゲーム』でデビュー。作風から「日本のクイーン」と呼ばれる。2003年、『マレー鉄道の謎』で日本推理作家協会賞、2008年、『女王国の城』で本格ミステリ大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ふう さん

    定員の関係wで1巻でなくこの第3巻に収録された名探偵神津恭介。日本名探偵ランキングってあったら何位くらいにランクインするのかな。…きっとコナンより下な気がするw。主人公が「利権屋」って誰よと思ったら星新一の「おーい でてこい」かあ。改めて読みたいな星新一。あぁ「星を継ぐもの」も読まないと。やっぱり「ジェミニークリケット」は両方読まなきゃダメだよな。てか二つを併録した完全版出してくれ(まだないよね?)。

  • キートン さん

    きっかけ図鑑第3弾。 今作は名探偵の紹介に加えて、クロフツの「樽」やシュリンガムの「毒入りチョコレート事件」。マガーの「七人のおば」など、シリーズ作品ではないけれど、傑作と呼ばれる1冊が多く収録されている。 秀逸なのは安易に事件の結末を紹介するのではなく、あくまでも大まかなストーリーを紹介し、続きは自分の手で読んでみてという感じの作りがなんとも憎い。

  • ダリア さん

    3巻でまた読んだことある本が増えてきた。1巻が名探偵の紹介系とすれば、こちらは推理が主の作品を選んでいる感じである。クロフツの樽とかアントニイ・バークリーが入っているのは嬉しい。しかし、これをこの本の対象年齢の子が読むかというと疑問かもしれない。少なくともアントニイ・バークリーは推理小説のパロディを意識しているような作品なので、そこそこ推理小説を読んだ方が楽しめると思うのだが。そうでないと探偵役のキャラが頼りなくて・・・。ちなみに『星を継ぐもの』はSFと認識していた。ミステリーと言われると少々疑問だ。

  • チタカアオイ さん

    【図書館】

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

北村薫

〈北村薫〉1949年埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。89年「空飛ぶ馬」でデビュー。「夜の蝉」で日本推理作家協会賞受賞。ほかの著書に「ターン」など。

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品