白洲次郎 占領を背負った男

北康利

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062129671
ISBN 10 : 4062129671
フォーマット
出版社
発行年月
2005年08月
日本
追加情報
:
20cm,405p

内容詳細

白洲次郎がどんな風に育ち、人格を形成していったかを、話題豊かに展開していく快著。敗戦国にあって、絶対権力者マッカーサーに一歩もひかなかった男の矜持に迫る痛快伝記ノンフィクション。〈受賞情報〉山本七平賞(第14回)

【著者紹介】
北康利 : 昭和35年生まれ。東京大学法学部卒業後、都市銀行入行、フィレンツェ大学留学。現在、銀行系証券会社勤務。中央大学専門職大学院国際会計研究科客員教授、京都大学大学院経済学研究科非常勤講師、早稲田大学教育総合研究所特別研究員。資産証券化などのファイナンス理論を専門とする一方で、兵庫県三田市の郷土史家としての一面をもっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • とよぽん さん

    白洲次郎にたどりついたのは、スタートが白洲正子の本。それから、日本の戦後史についての何冊かの本。敗戦後の日本でどんな貢献をした人なのか? 白洲正子の夫って、どんな素敵な人だったのか? 【結論】→日本の現代史を語るに絶対外せない重要人物である。しかも、プリンシプルを大切にした行動力と、情に厚い男気ある紳士。毎日、就寝前にこの本を読むのが、一日の最大の楽しみとなった読書だった。白洲次郎・・・現代の日本人は、彼のことをもっと知らなければならない。

  • メタボン さん

    ☆☆☆☆ 白州正子の夫であることぐらいしか知らなかったが、こんなに気骨ある方だったのか。写真で見るとダンディそのもの。本人を目の前にすると圧倒されるのだろうな。権力欲がなく、筋を通した生き方は、すがすがしくて憧れる。

  • えと さん

    面白かった!終戦後の活躍には天晴れだ。政治に翻弄されることなくプリンシプルに政治をする。憲法改正時のGHQの内部対立、GHQと極東委員会、公職追放を嵩にした脅しなどなど、色んな暗闘がある。独立国となるために吉田茂と奔走する。その後は九電力化など東北電力にも深く関わる。情に深いというより、愛情をもって接するチャーミングな方。自分の地位などどーでもよく縁の下の力持ちでプリンシプルに生きた。この時期に読めて良かった。

  • GaGa さん

    一本筋の通った人生を送れるのは素晴らしいことである。この人物は日本人でありながら、英国紳士、もしくは騎士道の精神で海外と渡り合った稀有な存在である。

  • Yuichi Yamasaki さん

    従順ならざる唯一の日本人。そして一見破天荒なようにみえる行動の中に、いつもスッキリと一本際立った“筋“が通っていた。白洲次郎氏はこれをプリンシプルと読んだ。友が先にゆき、残った次郎の最後に明治の人を感じ涙した。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

北康利

昭和35年12月24日愛知県名古屋市生まれ。東京大学法学部卒業後、富士銀行入行。資産証券化の専門家として富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長等を歴任。平成20年6月末でみずほ証券退職。本格的に作家活動に入る。“100年経営の会”顧問。日本将棋連盟アドバイザー。著書に『白洲次郎 占領を背負った

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド