松下幸之助 経営の神様とよばれた男 PHP文庫

北康利

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784569761763
ISBN 10 : 4569761763
フォーマット
出版社
発行年月
2014年05月
日本
追加情報
:
402p;15

内容詳細

彼が“神様”とよばれた理由に迫る!不世出の経営者は何を思い、どう決断したのか?熱い思いを込めて、その人生を語り尽くした著者渾身の「決定版・松下幸之助伝」。

目次 : 松の下の家に生まれて/ 紀ノ川駅の別れ/ 電気との出会い/ 無謀な賭け/ 自転車ランプ/ 長男幸一の死/ 好況よし、不況なおよし/ 水道哲学と創業命知元年/ 大番頭・高橋荒太郎/ 戦時下の松下電器/ GHQとの戦い/ フィリップス社との提携/ 熱海会談/ 中内功との戦い/ ビデオ戦争/ 石田退三との出会い/ 経営する哲学者/ 国家に経営理念を求めて

【著者紹介】
北康利 : 昭和35年12月24日、名古屋市生まれ。大阪府立天王寺高校、東京大学法学部卒業後、富士銀行入行。資産証券化の専門家として富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長などを歴任。平成20年6月にみずほ証券を退職し、本格的な作家活動に入る。関西学院大学非常勤講師、“100年経営の会”顧問。『白洲次郎 占領を背負った男』(第14回山本七平賞受賞、講談社)など著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tatsuhiro Hashida さん

    読もう読もうで読んでなかった松下幸之助さん関連の本。経営の神様ってのは結果であって、その根本はヒトとしての正しさ、筋なんだなと思いました。判断力ってことでは確かにすごいのかもですが。また違う本も読んでみようと思います。

  • daichan さん

    人生も経営である。まさにその通りと思う。

  • たるとレット・ブルーベリー さん

    「経営の神様」と呼ばれたひとだとは知っていた。ナショナルと呼ばれていた松下電器産業を興したひとだというのも知っていた。だけど、「松下幸之助」という人物は知らなかったんだなと実感。「日に新」っていい言葉だ。80歳を過ぎても「素直」な姿勢を貫くって(最近の逆切れ老人の事件が多発するのをみるにつけ)凄いことだと思う。PHP研究所を創ったひとだというのも初めて知りました。今の電器業界のあれこれを、もし生きてらしたらどう乗り切っていったのか、知りたい気がします。面白かった。

  • Akinobu Yamamoto さん

    経営、人生、延いては全てのことについて、本質は同じ。この本を通じてそう感じた。 「人間」という存在を誰よりも考えて、理解されていた方なのだと思う。 次は松下幸之助自身の著書を読むつもり。

  • 川上 大樹 さん

    良い本だった。課題図書にするかな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

北康利

昭和35年12月24日愛知県名古屋市生まれ。東京大学法学部卒業後、富士銀行入行。資産証券化の専門家として富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長等を歴任。平成20年6月末でみずほ証券退職。本格的に作家活動に入る。“100年経営の会”顧問。日本将棋連盟アドバイザー。著書に『白洲次郎 占領を背負った

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品