ニッポンには対話がない 学びとコミュニケーションの再生

北川達夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784385363714
ISBN 10 : 4385363714
フォーマット
発行年月
2008年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,207p

内容詳細

品格や武士道より、今日本に必要なのは、「違い」を前提にして、互いの考えを粘り強くすり合わせていく「対話力」。本書は、気鋭・奇才の2人による、教育・社会の再生論。

【著者紹介】
北川達夫 : フィンランド教材作家。教育アドバイザー。1966年東京生まれ。高校生のときに儒家の拝師門徒となる。古式にのっとり、四書五経を六年かけて学ぶ。その間、北京・上海・台北などを巡る。早稲田大学法学部卒業後、外務省入省。ヘルシンキ大学歴史言語学部に学び、フィンランド専門官として養成される。在フィンランド日本国大使館在勤(1991〜98年)。在エストニア日本国大使館兼勤。儀典・文化・広報を担当。帰朝後に退官したのち、英・フランス・中国・フィンランド・スウェーデン・エストニア語の通訳・翻訳家として活動しつつ、フィンランドで母語科(現・母語と文学科)の教科教育法と教材作法を学ぶ。フィンランドの国語教科書を日本語に翻訳するなど、フィンランドの教育方法を日本に具体的に紹介したことにより、フィンランドにおいて「フィンランド教育文化輸出の門戸開放者」と称せられる(2006年)。国際的な教材作家として日本とフィンランドをはじめ、旧中・東欧圏の教科書・教材制作に携わるとともに、日本では全国各地の学校を巡り、グローバル・スタンダードの言語教育を指導している。日本教育大学院大学客員教授(〜2008年3月)

平田オリザ : 劇作家・演出家・青年団主宰。大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授。1962年東京生まれ。十六歳で高校を休学し、一年半をかけて自転車による世界一周旅行を敢行する。帰国後高校中退。大学入学資格検定試験を経て国際基督教大学教養学部に入学。在学中に劇団「青年団」を結成する。大学三年時に韓国の延世大学に一年間留学。卒業後すぐに、こまばアゴラ劇場の劇場経営者になる。1995年に『東京ノート』で第三九回岸田國士戯曲賞を受賞。諸外国との合同企画も数多く手がける。日韓国民交流記念事業『その河をこえて、五月』(作・演出)は、第二回朝日舞台芸術グランプリを受賞(2003年)。桜美林大学教授を経て、2006年、大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授に就任。国内外での劇作、演出、公演活動とともに、コミュニケーションデザインの教育・研究に携わる。また、日本各地の学校において、対話劇やワークショップを実践するなど、演劇の手法を取り入れた教育プログラムの支援・開発にも力を注ぐ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 壱萬弐仟縁冊 さん

    2007年初出。北川先生:先生は、教育の専門家として、子どものために全力を尽くして本を選び、いろいろな本を読むようにすすめて(10頁)。平田先生:個の共同体とは、個人が自由意志で参加できる、組み換え可能なもの(73頁)。シチズンシップ・エデュケーション:社会に積極的に参加し、責任と良識ある市民を育てる教育。市民社会でいかに振る舞うか(146頁)。

  • 日々珠 さん

    受け止める、ということは。共感できればいいが、できなくても、そういうことはあるね、そう思うんだね、という態度か。

  • よく読む さん

    正論がとても多いが、説教くささがはなにつく。日本の表現教育の乏しさと未熟さを、フィンランドでの教育と対比させながら、著者二人が対談した。日本の教育では、相手との違いをとことん突き詰めるような教育がなく、また価値観、倫理観や、表現のフレームワークを押し付けるものが多い。「悲しいぞう。」を読んで笑う生徒がいても、先生は怒らないフィンランド。小学校のディベートとなると、一人称まで変わって「私は……」借り物のような言い方で表現する日本。「みんながやってるから」、「ルールだから」で思考の止まる日本は前途多難です。

  • Kentaro さん

    これから発想として入れていかなくてはならないと思うのが、エンパシー型コミュニケーションという概念です。自己移入型のコミュニケーションです。これは、いくら察しようと努力しても、結局は相手の気持ちはわからないという前提に立って、それならば、もし自分がその立場だったら、どう考えてどう行動していくかということを考えていくしかないという、ある意味、クールでドライなコミュニケーションの状況分析をベースにしたものです。価値観がばらばらになっている社会においては、人間関係を調整していくことがいっそう難しくなっていきます。

  • Book shelf さん

    教育の在り方についての本。心や考えは全員違うことが当たり前にも関わらず、「考え方はこうだ」という指導をする傾向にある日本の教育。これにより正解のない問題に取り組むのが日本人は苦手だと指摘されているところが印象に残りました。特に若い世代は受験勉強の影響もあり、速く一つの答えを求めた者が勝つという教育を受けていて、答えがないものに取り組むことが苦手だということでした。皆がちがって当たり前で、その中でどう考えを主張し実行していくか。教育の理想と現実が年々離れていくように思われるが・・・

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

北川達夫

星槎大学共生科学部客員教授。1966年東京都生まれ。外務省経済局、欧亜局、在フィンランド日本国大使館在勤、在エストニア日本国大使館勤務ののち退官。OECD・PISA読解力調査専門委員、公益財団法人文字・活字文化推進機構調査研究委員、東京芸術文化評議会専門委員、横浜国立大学大学院工学府非常勤講師、日本

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品