ダンガンロンパ霧切 3 星海社FICTIONS

北山猛邦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061399068
ISBN 10 : 4061399063
フォーマット
出版社
発行年月
2014年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
285p;19

内容詳細

ノーマンズ・ホテルの惨劇の後、霧切響子は忽然と姿を消した――。「『ダンガンロンパ』×本格ミステリー」シリーズ、圧倒の第三弾。

【著者紹介】
北山猛邦 : 2002年、『『クロック城』殺人事件』(講談社ノベルス)で第24回メフィスト賞を受賞しデビューする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ダイ@2019.11.2〜一時休止 さん

    今回は密室12番勝負?と思ったら実際に主人公が解いたのは1つだけで次作に続くようです。流石の物理トリックですけど未然に防いだやつはどんなトリックだったんだろう?。

  • makersat さん

    十二の密室をどう処理するのかと頁を繰ったが、五つは超人が瞬殺し、六つは次回持越し、一つの密室だけを解決するという、ミステリ部だけで考えると肩すかしな一冊であった。提示された情報を論理的につきつめていけば一つの解に行きつくという点では、一巻・二巻に続く上質な本格ミステリであると評価できるのだが、如何せん事件が小規模すぎると言わざるを得ない。せめて幾つかの事件を提示する形式であればよかったか。物語としては起伏のある展開でよかったと思う。なお、ダンガンロンパらしさがあったかは、ゲーム未プレイゆえに論じられない。

  • TAMA さん

    2019年11冊目。ダンガンロンパのスピンオフ第3弾。新キャラの登場により前作、前々作よりも事件は小振りではあるが、そこはさすが物理の北山と言われるだけのトリックを見事にやってくれています。霧切のルーツに迫る事実も見えてきたし、次巻での活躍にも期待したい。

  • hydrangea さん

    原作ゲームの予備知識は無くとも純粋にストーリーを愉しめるシリーズです。この第3巻でも、北山作品の世界観がトリックにも人物描写にも遺憾無く発揮されており、リーダビリティの高さもあって、どんどんと物語に惹き込まれました。結と霧切が解決した事件はまだ1件なので、続く次巻の展開が非常に気になります。発売のスパンが長いので1冊の厚さがもっと増えてくれないかなぁ〜、などと希望してしまいます。

  • フリスビー さん

    ★★★☆☆スパッと終わるかと思いきや、けっこうシリーズ引っ張りそうな雰囲気。探偵ランク「000」の御鏡霊がキーマンですが、霧切ちゃんがパッとしなかった理由が分かるエンディングはショッキング。それでも雪密室を解いちゃうあたりは面目躍如。しかし物理トリックへのこだわりは半端じゃないなあ。次巻では霧切ちゃんにもっと活躍して欲しいです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

北山猛邦

1979年生まれ。2002年、『「クロック城」殺人事件』で第24回メフィスト賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品