うわさの神仏 其ノ3 江戸TOKYO陰陽百景 集英社文庫

加門七海

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087461626
ISBN 10 : 4087461629
フォーマット
出版社
発行年月
2007年05月
日本
追加情報
:
16cm,244p

商品説明

東京の怪しげなスポット、大集合!風水、祟り、いろいろな神仏に妖怪。オカルトオタクな著者がガイドする、江戸東京のちょっといわくありげなスポットの数々。添付の地図を片手にぶらぶらと散歩はいかが。

内容詳細

東京駅周辺も、新宿も、池袋も、秋葉原も、実はミステリースポット。近所にあるさりげない神社にだって、知る人ぞ知るさまざまな言い伝えがある。風水、祟り、そして神仏や妖怪、霊が複雑に絡まった東京の名スポットを、オカルト大好きな著者が、面白く、ときにはおどろおどろしくご案内。お散歩がてら、本を片手に訪ねてみると、出会いや発見のみならず、運が良ければ、本物の怪にも遭えるかも。

目次 : 1 ぜひ行ってみましょう。(貧乏神―名前で嫌わないでね、福授けるから/ 富士塚―ご利益抜群。ミニチュア富士登山/ 柳森神社―駄洒落パワー炸裂!あなどるなかれ、おたぬき様 ほか)/ 2 行ってみます?(今戸神社―かわいい?巨大招き猫が鎮座/ 銀座八丁のお稲荷さん―狐口密集地帯!?銀座を行く/ 秋葉原―最先端のPC街、その主は天狗だった ほか)/ 3 行きたいなら止めません。(渋谷―犬が南向きゃ、魔物がのさばる!?/ 池袋―一度ハマると抜けられぬ。「袋」に溜まるモノあれこれ/ 上野―旧幕軍のサムライが徘徊!?お化けの宴会にご用心 ほか)

【著者紹介】
加門七海 : 東京都墨田区生まれ。多摩美術大学大学院修了後、美術館学芸員として勤務。1992年『人丸調伏令』で作家デビューし、以後、執筆・取材に専念(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ゆみきーにゃ さん

    《購入》大好きな加門さん。今回も本当楽しませてもらいました。東京の歴史についても面白くわかりやすく書いてあるから勉強にもなるし、とにかく面白く神社仏閣、オカルトスポットを紹介してくれる。自分の地元の話も書いてほしい。面白さ倍増だろうな〜

  • ポチ さん

    都内の怪しいスポット巡りもレジャー感覚。それら風水・祟り・神仏に塗られた東京を一大アミューズメントパークと言い切ってしまう加門さん…こわい^_^;

  • ナチュラ さん

    加門七海さんの神社仏閣、オカルトスッポット関係のエッセイ(第三弾)。 今回は東京に絞った珍?名所の案内。 知れば行きたくなる所や、実はけっこう恐ろしい歴史がある所など、普段と違った東京の街並みが見えてくる。 この本をガイドブックにして東京ミステリー散歩をしてみたい。 (御朱印集めの参考にもなる。)    

  • マキマキ さん

    江戸 TOKYO 陰陽百景と題して東京のスポット巡り。神社やお寺から不思議スポットとしての都庁や東京駅などなど、読んで巡るのもいいかも。しかし、今の東京も解説して欲しいところ。

  • chatnoir さん

    全編明るい口調で本当はオドロオドロしい場所やパワースポットを紹介している。上野公園ではのほほんとドネルケバブとコーラでプチ・ピクニックを楽しんだし、東京タワーでは修学旅行の時に半日近く缶詰にされたし、秋葉原もぷらついた...視えない、感じないって、一種幸せ。首塚は由来を知っていて行ったけど...行く前に読んでいたらもっと楽しかったのになぁ。木々が一定方向を向いた先は負にしろ正にしろ、パワースポットであるらしい。でも、防風林も同じ方を向くからね...見分けないと(笑)黒い幹や苔むした桜にも注意をはらおう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

加門七海

東京都墨田区生まれ。多摩美術大学大学院修了後、美術館学芸員として勤務。1992年『人丸調伏令』で作家デビューし、以後、執筆・取材に専念(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品