悪魔のささやき 集英社新書

加賀乙彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087203547
ISBN 10 : 4087203549
フォーマット
発行年月
2006年08月
日本
追加情報
:
18cm,220p

内容詳細

世間を騒がせる恐ろしい犯罪や不可解な行動。実行への後押しをする「悪魔のささやき」の正体を独自の視点から分析。精神科医・心理学者・作家として、半世紀以上にわたり日本人の心を見つめてきた著者の緊急提言。

【著者紹介】
加賀乙彦 : 1929年、東京生まれ。本名・小木貞孝。東京大学医学部医学科卒業。東京拘置所医務技官を務めた後、精神医学および犯罪学研究のためフランス留学。帰国後、東京医科歯科大学助教授、上智大学教授を歴任。日本芸術院会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

加賀乙彦

作家、精神科医。1929年、東京生まれ。東京大学医学部卒業。東京拘置所医務技官を務めた後、フランスに留学し、パリ大学サンタンヌ病院とサンヴナン病院に勤務。帰国後、東京医科歯科大学助教授を経て、上智大学教授。日本芸術院会員、文化功労者。著書に『帰らざる夏』(谷崎潤一郎賞)、『宣告』(日本文学賞)、『永

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品