加藤登紀子

加藤登紀子 レビュー一覧

加藤登紀子 | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

16件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • Special Folk Songs with the emotion that make us m...

    投稿日:2013/07/27

    Special Folk Songs with the emotion that make us miss something. Maybe Memories, Maybe Home.

    Crayon さん |20代

    0
  • CDが家に届けば書けますがまだ聞いていませんのでか...

    投稿日:2007/11/01

    CDが家に届けば書けますがまだ聞いていませんのでかけません。評価もそのとおり分かりませんし、書けません。

    pnnagaya さん

    0
  • ヒット曲は1曲もないけれど、名盤です。加藤登紀子の...

    投稿日:2007/09/29

    ヒット曲は1曲もないけれど、名盤です。加藤登紀子の選曲・訳詩、坂本龍一の編曲・演奏が、閉塞時代のヨーロッパの情況と高度に共鳴しあい、素晴らしい成果を生みました。今聴いてみてもとても新鮮です。それだけ今の日本の情況もよくないということなのか。

    11501150 さん

    0
  • '82年発表。坂本龍一プロデュース。1920〜30年代のクルト・ワイルの...

    投稿日:2006/11/22

    '82年発表。坂本龍一プロデュース。1920〜30年代のクルト・ワイルの三文オペラやシャンソン、ブルースなどを年季の入った加藤登紀子の声で歌い上げる。教授もピアノをメインに、エミュレーター、プロフェット5、MC-4などを駆使し、限りなく頽廃のドイツ、ポーランドの空気を再現するのに尽力。高橋悠治が訳詞で参加。

    () さん |30代

    0
  • '83年発表。頽廃の30年代ドイツから大正、昭和の日本へ。も...

    投稿日:2006/11/20

    '83年発表。頽廃の30年代ドイツから大正、昭和の日本へ。もちろん、前作から引き続き坂本龍一参加。さらに上野耕路、坂田明、清水靖晃も参加し、古き良き時代のモダンな日本の歌謡曲、シャンソンなどを再現。アカデミックな椎名林檎を想像していただければ通りがよいか?

    () さん |30代

    0
  • 初めて耳にしたとき震え上がってしまい涙が止まらなく...

    投稿日:2005/01/16

    初めて耳にしたとき震え上がってしまい涙が止まらなくなりました。皆さんお薦めです!是非聴いて見て下さい!

    あずさ さん

    0
  • かなり加藤登紀子さんとコーラス参加のゴスの息の合っ...

    投稿日:2004/12/17

    かなり加藤登紀子さんとコーラス参加のゴスの息の合った感じがとても良いし、新春ワイド時代劇「国取り物語」の主題歌であることがすごいと思いますよ。聴いていない人は、ぜひ買って下さい。お勧めですよ。

    貂蝉 さん |20代

    0
  • 加藤登紀子は本当にカッコイイ。カッコ良さでいえばジ...

    投稿日:2004/01/16

    加藤登紀子は本当にカッコイイ。カッコ良さでいえばジョニミッチェルに匹敵するくらいだと思います。特に10〜20代の人に聞いてもらいたいアルバムだと思います。歌唱力はいうまでもなく、こんな歌い方にセンスがあるミュージシャンは好少ないはず、ゴスペラーズ作品のタイトルチューンをはじめミスチル、福山、イエモンまで幅広くカヴァー。特に必見は「青い月のバラード」こんなセンスの良いバラードは久しぶりに聞きました。捨て曲が一曲もないところがやはり加藤登紀子

    豹 さん

    0
  • もともと「百万本のバラ」のA面であった「海辺の旅」...

    投稿日:2003/10/17

    もともと「百万本のバラ」のA面であった「海辺の旅」の初CD化が嬉しい!欲をいえばもう少し未CD化曲を収録してほしかった…。

    なおきち さん

    0
  • 加藤登紀子さんの大ファンで、 レビューを書くこと...

    投稿日:2003/09/27

    加藤登紀子さんの大ファンで、 レビューを書くことにしました。 登紀子さんの、心に染みる声や 世界中から集められてる、心に 響く音楽に、ずっと励まされてきました。登紀子さんの生き方に、感銘を受けていて、すごく尊敬してるので、登紀子さんの曲には、なにも 言うことができません。 ただ、このCDの視聴の、さくらんぼの実る頃と、灰色の瞳が、入れ違ってるような気がして、初めて、レビューを書くことにしました。もし、機会があったら、変更してください。お願いします。 本当に、どうして、登紀子さんの 歌は、こんなに情感

    yuyu さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%